「世界はアートで変わっていく――。」アーティストJRの写真集『JR INSIDE OUT_JAPAN』

写真拡大 (全2枚)

  初めはストリートで自分の名前を書いていた。
  「自分は存在する」と言うために。
  そしてその後は、みんなの写真を撮ってストリートに貼った。
  「彼らが存在する」と言うためだった。
  ―――TEDでのJRのスピーチより



現在、ワタリウム美術館で展覧会「JR展 世界はアートで変わっていく」を開催している(2013年6月30日(日)まで)フランス人アーティスト、JR(ジェイアール)。彼の表現の場は、世界中のストリートであり、そこに巨大な写真を貼るというグラフィティ表現を用いる。

弾圧や貧困、差別のもとで暮らす人々を撮影し、現地の人たちとポートレイトを壁に貼るというプロジェクトを世界各地で展開。2012年11月頃からは東北の被災地をまわり始めている。

『JR INSIDE OUT_JAPAN』は、「アートで人々の世界の“見方"を変えることができる」と信じる彼のアートプロジェクトを一冊にまとめたものだ。その圧倒的なインパクトから紡ぎ出されるのは、彼のメッセージであり、知らず知らずのうちにプロジェクトに参加し、アクティビストとなった被写体の人々のメッセージである。

人々の疑問を換気すること。それがJRの仕事なのだ。


■JR INSIDE OUT_JAPAN (JRインサイドアウトジャパン)
定価:¥1,600(本体価格¥1,524)
☆ご購入はこちらから → http://www.amazon.co.jp/dp/4906931189

発行・発売:東京カレンダー株式会社
ISBN-13: 978-4-906931-18-7