新作主演映画の製作も手掛けるナイトレイ写真:Chris Miller/Camera Press/アフロ

写真拡大

フォックス・サーチライトが、キーラ・ナイトレイが製作・主演する新作として、スザンヌ・リンデルのデビュー小説「ジ・アザー・タイピスト(The Other Typist)」の映画化権を獲得した。

今年5月に発売された原作は、1920年代のニューヨークを舞台に、警察でタイピストとして働く孤独な女性ローズが、美しい同僚と友だちになったことから、昼間は警察で仕事をしつつ、夜になると妖しい禁断の世界に足を踏み入れていくさまを描いている。米Playlistによれば、アルフレッド・ヒッチコック監督や作家パトリシア・ハイスミスの作品に似た雰囲気をもつ物語のようだ。

ナイトレイは、クリス・パインと共演したケネス・ブラナー監督の新作「ジャック・ライアン(原題)」が、12月25日に全米公開される。

■関連記事
新婚のキーラ・ナイトレイ、コルシカ島のハネムーンをキャッチ
アン・ハサウェイ降板、キーラ・ナイトレイがクロエ・モレッツと新作共演へ
キーラ・ナイトレイ、シャネル100周年映画でココに! ラガーフェルドが監督
リリー・コリンズ主演で「高慢と偏見とゾンビ」が再始動
オルガ・キュリレンコ、人気YA小説「ヴァンパイア アカデミー」映画化に出演