神戸

写真拡大

採用をしていると、いろいろな履歴書を拝見するが、最近気になるのが資格欄だ。昔からある士業の○○士を学生時代に取得している人は見たことがあるが、最近は日本ソムリエ協会が試験の上、ワインの品質判定に的確な見識があると認めるワインエキスパートや、今はすでに実施が終了したが、列車の時刻表を駆使して、さも西村京太郎の世界のように、その時間に着ける列車名を当てる時刻表検定など、様々な資格が存在している。ある日、履歴書を見ていると、資格「夜景鑑賞士3級」をもっている学生に出くわした。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

夜景?あの夜景? その認定資格? いったいどんな資格なのかと思い、早速主催する一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローにお話しをお伺いした。

■夜景鑑賞士=夜景検定ってなに?

この夜景鑑賞士試験、通称では夜景検定といわれている。級は3級、2級、1級に分かれており、第6回開催が始まったばかり。3級は夜景の名所にちなんだ問題が多く、たとえば「昼間の眺望は“陸の松島”に例えられ、夜は県内随一の夜景スポットに。上杉謙信が関東平野の広さに目を見張ったという「謙信平」を擁する県立自然公園にある山は?」などの問題が多く、協会によれば美しい夜景のある場所を知っているというのが検定のポイントとのこと。

2級になると、単なる知識では済まず、たとえば「夜間景観の一層の充実を図ることを目的に「夜景グレードアップ構想・基本計画」を策定した北海道の都市はどこ?」など、現在の夜景を取り巻く状況や、夜景を観光資源として捉え、各地でどのような取り組みが行われているかを問うなど、本格的な勉強が必要だ。

そして最高級の1級となると、呼称はもう「夜景マイスター」。夜景の第一人者と言うべき資格だろう。1級の問題はほとんど公開されていないが、たとえば東京で一晩夜景観光をするなら、どのコースを選択するかなど、実際に実地検分しなければ解けない問題になっているとのこと。単なる知識では絶対に受からず、合格者は過去4回(二級合格者のみ対象のため第一回は実施されず)で378人受験し、たったの20人のみ。合格率は5%前後という狭き門である。

具体的にどのような方が受験するのかというと、1級はともかく、観光関係の仕事に就いている行政府や民間企業の方、そして観光分野に就職を目指す学生さんも多く受けに来ているか。夜景を観光資源と捉え、どう地域観光の活性化に夜景を取り入れるかを考える良い機会とのこと。単なる夜景好きが集まって作った資格ではなく、夜景を活用してどう観光産業をもり立てていきたいという強い意志が感じられた。なお夜景観光コンベンション・ビューローでは、日本夜景遺産として、夜景の名所として、日本全国、160カ所(2013年現在)を認定している。ここに行けばきれいな夜景が見えると、デートコースにもうってつけではないだろうか。そもそも、夜景が嫌いという人をあまり聞いたことがない。

■就職に役立つ資格なのか?

では就職には役に立つのかと聞かれれば、人事して思えば、この資格名が書いてあれば必ず面接官から質問されるだろうと思う。そこで会話が盛り上がれば、面接も和やか=印象アップになるのではないか。

また観光業界・旅行業界への就職や先ほどの行政の観光振興課などに就職する場合は、夜景を取り入れた観光の新しい姿を説明することが出来るため、有効な資格といえるだろう。そこで某大手旅行会社に問い合わせたところ、旅行会社では旅行添乗員を一通り経験した後、ステップアップとして、旅行を作る企画に配属される可能性があり、いまは夜景をメインにしたツアー企画はないが、将来的にそのようなツアーが組まれたとき、夜景鑑賞士の資格は生きるのではないかとのこと。

もちろん添乗員として働いているときも、旅行客からどこかきれいな夜景が見えるところがないかと聞かれて、慌てて宿に聞くより、スマートに答えられるのは添乗員として印象が良いのではないかとの回答であった。業界は絞られるが実務に生きる。


また映像業界(TVやCM制作)などでも、夜景を背景にした撮影場所を探す、ロケハン=ロケーションハンティングが行われる。その時にもこの資格が生きるかもしれない。夜景のことなら、あいつに聞けとなるかもしれない。

■コミュニケーションの手段としても

一般人にとって、夜景は身近な存在でありながら、「名所は?」と聞かれると、そのシチュエーションに応じた場所を即答できるだろうか。そこで3級でも良いので名所を知っていれば、夜景のことなら彼(彼女)に聞くと、いいところ紹介してくれるよ、と社内で夜景の第一人者となってしまえば、社員との交流も増える。おいしいお店をよく知っている人がもてはやされるのと同じだ。

実際ある芸能人はこの3級の資格を保持しており、芸能界一夜景に詳しい男としてがんばるとブログで宣伝しており、実際デートスポットを探す番組にも出演しているくらいだ。この芸能人にとっては仕事だが、自分の芸風の一つとして確立している。

■上から見るだけのものが”夜景”じゃない!

とかく、夜景と言えば展望台か、山の上から見るものと思いがちだが、夜景観光コンベンション・ビューローでは、山の上から見る夜景だけを美しいとは捉えていない。たとえば今静かなブームになっている大工場の夜景を外から眺めたり、あえて光量の少ないひなびた夜景を静かに楽しむなどの企画を行っている。また高速道路を走行中に見える夜景や、サービスエリアから見る夜景なども、しっかり実況見分している。夜景にとことんこだわる姿勢が今後どうなっていくか、資格試験と共に注目したい。

第6回夜景検定 
2013年12月7日(土)・8日(日)開催!

申し込み受付はコチラ! (http://j.mp/10kxwC7 )

夜景検定公式サイト (http://www.yakeikentei.jp)

こちらのレポートもどうぞ!
【就活】応募者もア然!? 実録・トンデモ人事たち [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14568 ]
【就職】現役人事が語る! 「げっ、ブラック企業だ。撤退だ!!」…と面接で見抜くポイント [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14151 ]
【就職活動】"学歴差別・男女差別"は本当か!? 現役人事が語る。 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13719 ]
【就活】現役人事が語る! 「こんな選考活動をする企業は要注意」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13322 ]
夢を実現するために! 働きながら"1年間で30日"(=夏休み級)の時間を確保する方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13337 ]