今秋公開に向け、劇場前売り券第1弾が発売開始(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion

写真拡大

人気アニメの劇場版3部作完結編「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」の劇場前売り券第1弾が、7月6日発売されることが決まった。特典としてキービジュアルをあしらった特製クリアファイルが付属する。

総監督の新房昭之、脚本の虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案の蒼樹うめ、アニメーション制作のシャフトと、気鋭のスタッフが集結して生み出された「魔法少女まどか☆マギカ」は、2011年1〜4月に全12話のテレビシリーズとして放送された人気アニメ。魔法少女たちのかわいらしさとは裏腹に、痛みや絶望をはらんだ世界観や、先の読めないスリリングなストーリー展開が多くのファンをひきつけ、ブルーレイ第1巻はテレビアニメシリーズのブルーレイパッケージにおける週間販売本数の史上最高記録を樹立。第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞ほか数々の映像賞も受賞するなど、文字通り同年を代表する作品となった。

12年にはテレビシリーズを再編集した「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語」「後編 永遠の物語」の2部作も劇場公開され、大ヒットを記録。満を持して送り出される劇場版第3弾の今作は完全新作となり、前後編の規模を大きく超えるスクリーン数で全国公開を予定している。

前売り券は一般券1500円、ムビチケカード(一般)1600円(ともに税込み)で、上映劇場窓口にて発売。数量限定のため、なくなり次第販売終了。今後、第2弾、第3弾の前売り券も発売予定。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」は今秋公開。

■関連記事
「あの花」と西武ライオンズがコラボ 「超平和ライオンズデー」開催
劇場版「あの花」主題歌は、再タッグのGalileo Galilei新曲
アニメ「銀の匙」ノイタミナで7月放送決定 スタッフ、キービジュアルも公開
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」デザインのパソコンが販売開始
「魔法少女まどか☆マギカ」劇場版最新作、ACE2013会場限定前売り券が発売