精神障害の労災認定が3年連続で過去最高を更新したことが分かった。

 2012年度の精神障害に関する事案の労災補償の請求件数は1257件(前年度比15件減)で、4年ぶりに減少した。支給決定件数は過去最高を3年連続で更新して475件(同150件増)となった。

 年齢別に見ると、請求件数は「40〜49歳」(387件)、「30〜29歳」(370件)、「20〜29歳」(242件)の順に多く、支給決定件数は、「30〜39歳」(149件)、「40〜49歳」(146件)、「20〜29歳」(103件)の順に多い。

 支給決定の理由は、「仕事内容・仕事量の変化」(59件)、「嫌がらせ、いじめ、暴行」(55件)、「悲惨な事故や災害の体験・目撃」(51件)の順に多い。

 一方、過労による脳・心臓疾患に関する事案の請求件数は842件(前年度比56件減)で、3年ぶりに減少した。支給決定件数は338件(同28件増)で2年連続で増加した。

 年齢別では、年齢別に見ると、請求件数、支給決定件数ともに、50〜59歳(請求件数272件、支給決定件数118件)が最も多い。

部下の育成に悩む課長が増加、4割弱がメンタル不安の部下を持つ
職場のいじめ・嫌がらせの相談が増加
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。