怪獣に襲われ、泣きながら逃げ惑う芦田愛菜 (c)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

写真拡大

超大作『パシフィック・リム』(8月9日日本公開)で、ハリウッドデビューを果たした芦田愛菜の場面写真が公開された。

本作は、太平洋の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器 “イェーガー”との壮絶な戦いを、ハリウッド最先端のVFXを駆使して描いたSFスペクタクル超大作。『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズのギレルモ・デル・トロが監督を務め、『ホビット 思いがけない冒険』を辞退してまで製作した監督渾身の作品で製作費は驚異の2億ドル(約196億円)超という正真正銘の超大作と言える。

芦田愛菜は、菊地凛子演じる森マコという人型巨大兵器“イェーガー”に乗り込む日本人女性パイロットの 幼少期を演じており、今回解禁となる場面写真は森マコの回想の中で怪獣に襲われ、泣きながら逃げ惑うシーン。 その泣き顔を見るだけでも、小さな少女が目の前にした“KAIJU”に対する恐怖や絶望感がひしひしと伝わってくる。さらに驚くべきことは、怪獣に襲われるシーンは全てグリーンバックで撮影されており、怪獣は実際にはいないことだ。

このシーンについて、芦田は「撮影中ほとんど泣いているシーンと怪獣に追われるシーンだったので、涙で顔が はれちゃう程がんばりましたのでみなさん、是非見て下さい」とコメント。涙で顔が腫れてしまうほどの演技をたった9歳の少女がハリウッドで演じるのは並大抵のことではない。これからの彼女の活躍をも期待させる渾身の一枚だ。【ハリウッドニュース編集部】