「まどかマギカ」前売り第1弾、特製クリアファイル付きで7月6日から。

写真拡大

今秋公開される、劇場版初の完全新作「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」の第1弾劇場前売り券が、7月6日より全国の劇場で販売されることがわかった。前売り券には特典として特製クリアファイルが付属する。価格は一般券1,500円(税込み)、ムビチケカード(一般)1,600円(同)。

特製ファイルは数量限定で、なくなり次第終了。今後、第2弾、第3弾の前売り券と、前売り特典を予定している。

2011年1月から深夜枠で放送されたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は、総監督の新房昭之、脚本の虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案の蒼樹うめ、アニメーション制作スタジオ・シャフトと、当代きってのクリエイターたちが手掛け、連綿と続く“魔法少女モノ”に一石を投じた作品。魔法少女たちのかわいらしさとは裏腹に、痛みや絶望をはらんだ世界観や、先の読めないスリリングなストーリー展開は、回を重ねるたびに多くのファンを生み出した。

そしてBru-ray Disc第1巻はTVアニメシリーズBDパッケージにおける週間販売本数の史上最高記録を樹立し、「第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」大賞ほか数々の映像賞を受賞。昨年は「魔法少女まどか☆マギカ」テレビシリーズ全12話を再編集し、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語』として2編を連続劇場公開し、国内のみならず世界各国でも高い評価を受けた。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」は2013年秋全国ロードショー。