若い子、いじめてやるんだからね……
 - キャメロン・ディアス

写真拡大

 女優のキャメロン・ディアスが、ミュージカル「アニー」のリメイク映画化作品に、孤児院の院長ミス・ハニガン役で出演することが決定した。当初、同役にはサンドラ・ブロックが予定されていた。


 Deadline.comによると、現地時間26日にキャメロンはコロムビア映画と出演契約を結んだとのこと。演じるミス・ハニガンは主人公アニーのいる孤児院の意地悪な院長であり、ロマンチックコメディーなどの印象が強いキャメロンにとっては、珍しい悪役だ。近年のブロードウェイ・ミュージカル版では「Glee」のジェーン・リンチがキャスティングされたことも話題になった。


 同作は1982年にジョン・ヒューストン監督が映画化したことことでも知られる同名ミュージカルのリメイク。歌手JAY-Zとウィル・スミスがプロデュースを手掛け、映画『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』でアカデミー賞主演女優賞に最年少でノミネートされたクヮヴェンジャネ・ウォレスが主人公アニーを、オスカー俳優のジェイミー・フォックスがアニーを気に掛ける大富豪を演じることが決定している。


 撮影は今秋よりスタートし、公開は来年のクリスマスシーズンを予定。監督を務めるのは、『小悪魔はなぜモテる?!』『ステイ・フレンズ』のウィル・グラック。(編集部・福田麗)