出演オファーであることに期待! ヴィン・ディーゼル

写真拡大

 映画『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼルが、アメコミヒーロー作品でおなじみの米マーベルから、ミーティングの要請があったことを自身のFacebookで明かしている。


 現地時間26日にディーゼルは「マーベルからミーティングをしたいってリクエストがあった……何のためかは全くわからないな」と投稿。「はは、多分みんなのほうが俺より詳しいんじゃないか?」と冗談めかしてつづっており、詳細は明らかになっていない。


 映画『アベンジャーズ』の続編に加え、エドガー・ライト監督の『アントマン(原題) / Ant-Man』、また2016年と2017年にタイトル未定の新作を公開することを発表しているマーベル。ディーゼルへの提案が出演オファーとは限らないが、ファンの間では、その内のどれかで新ヒーローを演じるのでは……という予測を生んでおり、本国でも話題になっている。早ければ2015年公開予定の『アベンジャーズ』続編で、その勇姿を目にできるかもしれない。


 ディーゼルは、人気主演シリーズ最新作『ワイルド・スピード EURO MISSION』の日本公開が間近。当たり役に復帰した『リディック(原題) / Riddick』の全米公開も控えている。(編集部・入倉功一)