「シャイニング」続編が米国で9月刊行!写真:AP/アフロ

写真拡大

スティーブン・キングの長編小説「シャイニング」(1977)の続編「ドクター・スリープ(原題)」が9月24日に刊行されるが、それに先立ち出版社の米サイモン&シュスターがティーザー予告編を公開した。

続編小説の主人公は、中年になったダニー・トランス(ジャック&ウェンディ・トランス夫妻の一人息子で、前作ではまだ少年)。15秒のティーザーは、バスルームにたちこめる蒸気と血、「レッドラム(REDRUM)」のキーワードが印象的な作りになっている。(www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RsmyZGrS91A)

続編では、ダニーはニューハンプシャー州の老人ホームで働いており、人を苦しませずに死なせる力を有することから「ドクター・スリープ」の異名を持つ。ダニーはやがて同じ“シャイニング”の能力を持つ12歳の少女と出会う。そして、シャイニングを持つ子どもたちを襲って生き長らえる、「ザ・トゥルー・ノット(The True Knot)」と呼ばれる半不死の一族と戦うことになる。

「シャイニング」は、スタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演で製作された1980年の映画版でも広く知られる。同作では、ダニー・ロイドがダニー少年を演じていた。なお現在、米ワーナー・ブラザースが、「シャイニング」の前章にあたる映画企画「オーバールック・ホテル(The Overlook Hotel)」を進めている。

■関連記事
S・キング「シャイニング」前章に「ウォーキング・デッド」脚本家
P・K・ディック、エルロイほか原作者が気に入っている自作の映画化10本
「アンダー・ザ・ドーム」の全米放送日が決定
米業界誌選出「ハリウッドで影響力のある作家25人」
J・J・エイブラムス、S・キングのタイムトラベル小説「11/22/63」をドラマ化?