「北斗の拳」「ドラゴンボール」「キン肉マン」…少年ジャンプに学ぶ″団塊ジュニア世代″上司の攻略法

写真拡大

バブル世代と氷河期世代の間、1971〜74年生まれの団塊ジュニア世代といえば、20〜30代前半のプレッシャー世代には、直属の上司にあたる世代だ。親世代よりも若く、“先輩”というには年が離れている彼らと、どう接したらいいのか。距離感がわからないと悩んでいる人も少なくないはず。けれど、「週刊少年ジャンプ」をキッカケにすれば、上手な関係を築くことができる――そう語るのは、『団塊ジュニアのカリスマに「ジャンプ」で好きな漫画を聞いてみた』の著者で、自身も団塊ジュニア世代の岩崎大輔さんだ。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■「団塊ジュニア世代」って、どんな世代?

『団塊ジュニアのカリスマに〜』では、ヤフー副社長の川邊健太郎さんや、オイシックス社長の高島宏平さんなど、団塊ジュニア世代のカリスマたちにインタビュー。彼の子ども時代に「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガを切り口に、それぞれの成功哲学を解き明かしている。そもそも、なぜ「週刊少年ジャンプ」をフックにしたのでしょうか?

「東日本大震災を除けば、祖父母世代の第二次世界大戦、親世代の全共闘運動のような共通体験が団塊ジュニア世代にはありません。でも、子ども時代には『北斗の拳』や『キン肉マン』、『キャプテン翼』を毎週の楽しみに、みんなが『週刊少年ジャンプ』を読んでいました。1968年に10万5000部で創刊された『週刊少年ジャンプ』は、1995年正月号で653万ん部を売り上げています。私たちにとって、『週刊少年ジャンプ』こそが世代の共通体験だったんです。だから、『週刊少年ジャンプ』をフックに取材したことで、世代のカリスマである彼らも、素の状態で自分の生きざまを語ってくれました」

■取材を通じて見つけた、団塊ジュニア世代の特徴とは?

「どの人も、クールに振る舞いながらも、心の中にはアツいものを秘めている印象を受けました。それは、中高校生時代には、部活で水を飲まずに練習を続けるような、理不尽な状況にも根性で耐え抜く経験をしてきたことが影響していると思います。そういう旧来型の“昭和の美学”を背負う一方で、スマートフォンなどの最新のガジェットも使いこなせるし、若者的なクールさも理解できる。そんな柔軟さが団塊ジュニア世代にはあります。団塊世代やバブル世代に比べると、プレッシャー世代にとって付き合いやすい上司ではないでしょうか」

■『魁!!男塾』に“昭和の美学”を学べ!

昭和的な部分をどうやって攻略するかが、団塊ジュニア世代と上手に付き合うためのカギとなりそうだ。どのようにアプローチすればいいのでしょうか?

「過激なスパルタ教育を施す私塾“男塾”に在籍する塾生たちの根性と友情、死闘を描いた『魁!!男塾』は、団塊ジュニア世代が持つ“昭和の美学”を象徴する作品。理不尽なしごきにも耐え、乗り越えていく剣桃太郎や塾生たちのように、過酷な状況を根性で耐え抜いてきた団塊ジュニア世代だから、情に訴えられると弱いところがありますね。がんばりを見せてくれると好感を抱きやすいです」

『魁!!男塾』といえば、障害物があっても迂回することは許されず、家屋や壁を破壊しながら、ただ一直線に進む「直進行軍」や、油で満たしたタライに火をかけて、笹舟に浮かべたろうそくの火が消えるまで、そこに浸かる「油風呂」など、かなり理不尽で過酷な訓練が有名。平成育ちのプレッシャー世代に、そこまでの根性あるがんばりを見せられるか、自信がないのですが……。

「上司が残っているときにサッと帰ってしまうのではなく、『なにか手伝えますか?』とひと声掛けてくれるだけでいいんです。義理人情的なところをサラッと見せられるとグッときます。ただし、わざとらしいアピールは逆効果。現代人的なクールさも持ち合わせている世代ですから、押しつけがましさを感じてしまうと、いろいろ勘ぐってしまいます」

できる範囲内で、自然に、“アツく”がポイントですね。

■ウォーズマンに“挑戦する勇気”を学ぶ

そのほかにも、プレッシャー世代が団塊ジュニア世代と付き合ううえで、気をつけるべきことは?

「団塊ジュニア世代は、中高校生のときには“受験戦争”と呼ばれるほど熾烈な競争を、社会人になった直後にはバブル崩壊後の不景気を経験しています。“転ぶ”ことを経験してきた団塊ジュニア世代にとって、失敗を恐れるあまり、過度に慎重なプレッシャー世代の姿はもどかしさを感じます」

“転ぶ”ことに慣れていないプレッシャー世代には、『キン肉マン』のウォーズマンに“挑戦する勇気”を学んでほしいと、岩崎さんは話す。

「ロボ超人・ウォーズマンは超人強度100万パワーを誇る無敵の超人として登場し、闘いを経て、キン肉マンたちの仲間になります。彼の超人強度を超える者はなく、彼も自分の超人強度が最大だと思っていた。ところが、それを10倍も上回る、超人強度1000万パワーのバッファローマンが現れ、闘うことになるです。負けるとわかっている闘い。それでも、彼は勝負を捨てずに、最後まで必死に闘います。ウォーズマンはバッファローマンに敗れましたが、最後まで全力で闘い抜いた姿は、多くの団塊ジュニア世代がヒロイズムを感じました。だから、失敗を恐れて立ち止まるよりも、転ぶ姿を見せた方が好感度は高いですよね」

■好きなキャラクターを聞けば、上司を理解できる!?

なるほど。団塊ジュニア世代の攻略法がわかってきました! でも、どの世代にもなかなか会話のキッカケを見つけられない相手がいますよね。そんな上司とは、どうやってコミュニケーションをとればいいのでしょうか?

「『週刊少年ジャンプ』に連載されていたマンガで、なにが好きだったかを聞いてみてください。団塊ジュニア世代なら必ず、お気に入りのマンガがあるはずです。もしも、読んだことがないマンガが答えで返ってきたとしても、『どんな話なんですか?』と聞けば、きっとアツく語ってくれますよ」

上司が好きだと答えたマンガを読んでおけば、後日、会話するときのネタにできますね。

「もう一歩踏み込んで、上司に好きなキャラクターを聞いてみるのもいいですね。好きなキャラクターはその人の思考や憧れが反映されていることが多いです。なぜ好きなのかを聞けば、その上司の攻略法を立てやすくなるはず。たとえば、『北斗の拳』のラオウが好きな上司だったら、『正々堂々とぶつかるのが一番だな。失敗したときには言い訳をしないで、正直に謝ろう』とか。何を考えているのかわからなかった上司も、『週刊少年ジャンプ』のマンガをキッカケに理解できるようになるはずですよ」

団塊ジュニア世代が読んでいた、1980年代の「週刊少年ジャンプ」連載作品は、ここで紹介したほかにも、『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険』、『聖闘士星矢』など、名作ぞろい! マンガを楽しみながら、団塊ジュニア世代の上司攻略法を探ってみてはいかがでしょうか。


こちらのレポートもどうぞ!
『ドラゴンボール』シリーズで学ぶ、まとまるチームと慕われる上司の条件 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12893 ]
『ONE PIECE』『HUNTER×HUNTER』…こんなにある! 漫画の"休載・復活"事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14416 ]
『黒子のバスケ』脅迫問題にみる、“リアル”に影響を与えた漫画の出来事 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11086 ]
原作改変、残虐描写カット…業界人が語るTVアニメ"自主規制"事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12377 ]
「ドラえもん」の登場人物から学ぶ、人生を楽しく賢く生きるコツ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12731 ]