伊藤蘭、水谷豊、降旗康男監督提供:朝日新聞出版

写真拡大

水谷豊、伊藤蘭夫妻が初の夫婦役で約28年ぶりに共演した「少年H」が、ロシア・モスクワで開催中の第35回モスクワ国際映画祭GALA(ガーラ)部門で、特別作品賞を受賞した。映画祭から、「日本にとって悲劇的な時期に行われた撮影の中で、勇気と不屈の精神を実証した」と称賛されている。同作は、日本映画の実写作品として初めて、GALA部門に正式出品されたことで注目を集めていた。

GALA部門は、同映画祭のなかでも最もグレードが高い部門で、各国からエントリーされた作品の中のうち、話題性の高い作品を特別上映する。今年は、1500本以上の中から、本作を含む6作品が選出された。

水谷、伊藤は6月26日(現地時間)、降旗康男監督とともに同映画祭に出席し、夫婦そろって海外映画祭に初参加を果たした。水谷は、「戦争を描いたこの日本映画が皆さまに理解されたことに感謝しております。今、静かに話しておりますが、飛び跳ねたい気分でいっぱい」と感激しきりで、ロシア語で「会場の皆様、心より感謝しています。モスクワ国際映画祭よ、永遠に。スパシーバ!」と喜びをあらわにした。伊藤も映画祭への感謝を述べ、「世界中の子どもたちの笑顔がずっと続くことを願いつつ、今日は皆さんと一緒に同じ気持ちを体感できれば」と語りかけた。

本編終了後には、エンドロールが流れ始めると客席は喝さいに包まれた。水谷らは、ロシアでの観客の反応を目の当たりに「まだ興奮が冷めない感じです。笑ったり泣いたりと海外の方にも届いている感じがしました。思わぬところで笑いが起こっていてうれしかった」(水谷)、「予想以上に笑いが起こるところがあってうれしいなと思いました。(特別作品賞を)いただけたことは大変ありがたいので、スタッフと分かち合いたい」(伊藤)と万感の思いを語った。

「少年H」は、妹尾河童氏のベストセラー小説を原作に、勇気や信念を貫き激動の時代を生き抜いた家族の姿を描く。8月10日から全国で公開。

■関連記事
【作品情報】「少年H」
水谷豊&伊藤蘭「少年H」モスクワ映画祭へ!夫婦で初の海外レッドカーペット
水谷豊&伊藤蘭28年ぶり共演作「少年H」特報を独占入手
水谷豊、韓国ハプチョンで感無量の「少年H」クランクアップ
早乙女太一「少年H」で7年ぶり銀幕復帰 女形の踊りも披露