メロディ・ホブソン、ジョージ・ルーカス

写真拡大

映画『スター・ウォーズ』や『インディー・ジョーンズ』で知られる映画監督、ジョージ・ルーカスが22日、7年越しの交際を実らせ、婚約者のメロディ・ホブソンさんと結婚した。69歳のジョージは再婚、44歳のメロディさんにとっては初めての結婚となる。

挙式はカリフォルニア州マリン郡にあるルーカスフィルムの本拠地、スカイウォーカー・ランチで執り行われ、ピーター・ソロネンの純白ドレスに身を包んだジューン・ブライドは輝かんばかりの美しさだったという。あのジョージ・ルーカスのハートを射止めた花嫁はいったいどんな女性なのか、全米のマスコミも興味津々といった様子だ。早速、米E!がその素顔を報じた。

キュートなルックスなメロディさんだが、実は財界の大物。
彼女は、オバマ大統領の誕生を支えたことで知られる、シカゴ拠点の大手投資信託アリエル・インベストメンツの社長を務める財界有力者なのだ。名門プリンストン大出身の才媛で、映画製作会社ドリームワークスの取締役会会長、エスティローダー、スターバックス、グルーポンのディレクターを兼任し、主要ネットワークのニュース番組でコメンテイターをこなす、まさに米国でも屈指のスーパーキャリアウーマンなのである。

一方で、6人兄弟の末っ子として母子家庭に育ち、一族で唯一の大学出という生い立ちから、メロディさんは教育振興の取り組みにも熱心。地元シカゴの公立学校教育基金やフィールド自然史博物館、ロバート・レッドフォード主宰のサンダンス・インスティチュートの理事を務め、文化と教育の発展に尽力を惜しまない。ルーカスフィルムの売却益40億ドル(約3200億円)を教育慈善団体に投じるとしているジョージとは、共通する信念の持ち主なのだろう。

人見知りで知られる映画界の巨匠が見染めたのは、社会的地位のある25歳年下のビジネスウーマン! 年齢差カップルは多いが、どちらかというとメロディさんの方がしっかり者の貫録が...。いつまでも少年の心を持ったジョージにはぴったりなのかもしれない。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
J・J・エイブラムスをどう口説き落としたの? 『スター・ウォーズ』新作映画の監督を依頼したときの模様をルーカスフィルム社長が明かす
【速報】やっぱり本当だった! 『スター・ウォーズ』新作映画の監督にJ・J・エイブラムスが決まったと公式発表
『新ビバヒル』リアム役のマット・ランター、マリブで恋人とゴージャスな結婚式を挙げる!