トッズ、レザーを追求した新メンズコレクション発表

写真拡大

 「TOD'S(トッズ)」が、クラフツマンシップとレザーのクオリティを融合した新メンズコレクション「サルトリアル タッチ」を発表した。手作業を多く伴うレザー製のシューズ5型とバッグ2型を展開。ミラノを皮切りに、東京、パリ、上海の主要旗艦店で取扱い、各店舗には「サルトリアル タッチ」の専門フロアを設ける。

トッズの新メンズコレクションの画像を拡大

 「サルトリアル タッチ」は、トッズの原点でもあるレザーを追求したコレクション。繊細な工程を経たハンドメイドの製品には創業時のロゴを再現した「J.P. TOD'S」を刻印し、メンズの重要なプロジェクトから生まれた製品であることが示される。コレクションが展開されるエリアは「サルトリアルフロア」と称され、ミラノのスピガ通りに構えるブティック内のフロアでは、「TOD'S」の歴史を物語るハンドメイド製品などをディスプレイしているほかバーを設置しイタリアン・ラグジュアリーが体感できる空間を演出。ブランドの伝統的遺産を構成するデザインがもとになっており、内装にはナチュラルタンレザーや無垢のナットツリー、スチールを用いて温かく居心地の良い雰囲気に仕上げた。日本では、表参道の旗艦店のみで展開する。