原宿竹下通り新ランドマーク名称決定 カワイイの発信拠点に

写真拡大

 三菱商事都市開発が原宿の竹下通りに開発中の新商業施設の名称を「CUTE CUBE HARAJUKU(キュート キューブ ハラジュク)」に決定した。施設コンセプトは「人・モノ・コトが集まり、つながる かわいいカルチャーの発信拠点」。開業日は9月6日が予定されている。

原宿のランドマーク名称決定の画像を拡大

 竹下通りの中間に位置する「CUTE CUBE HARAJUKU」は、地上3階、地下1階の4フロア構成。竹下通り最大級となる約37mの間口と、開放的な外部吹き抜け空間を特徴としたセミオープンモール形式で、1階のエントランスと3階のテラスにはきゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターを務める増田セバスチャンによるオブジェが設置される。施設名称の「CUTE CUBE」は、「女の子のカワイイが詰まった宝箱」という意味。「カワイイ」や「ここに集う人々」を抽象化した正円と、施設の衣裳を表す言葉そのものを2次元化した正方形で表現されたロゴのデザインは、FLAME主宰の古平正義が手がけた。出店テナントは「H&M」傘下のブランド「MONKI(モンキ)」の関東初出店店舗の他、アパレルや雑貨、飲食など全10店舗。8月には全テナントの発表が予定されている。

 三菱商事都市開発は、施設のターゲットを10代〜20代前半のおしゃれ感度の高い女性と海外からの観光客と設定。15歳から19歳のメインターゲット層が憧れるようなトレンド性やブランド力のある施設を目指すと同時に、観光客に配慮して公式サイトの多言語対応や館内案内表示のユニバーサル対応、リーフレット英語併記などを予定している。三菱商事都市開発株式会社開発事業部竹岡悟氏は、「若い方には施設の愛称を『キュッキュ』として親しみを持ってもらいたい。また、世界でも『カワイイ』がひとつの言葉と定着しているが、同施設を世界に更なる『カワイイ』を発信できる新拠点としていきたい」と話している。

■CUTE CUBE HARAJUKU施設概要
所在地:東京都渋谷区神宮前1丁目7番1号
延べ床面積:1,893.57?
開業予定:2013年9月6日