暴力をふるった疑いをもたれているクリス・ブラウン

写真拡大

 2009年に当時の恋人リアーナに暴力をふるった罪で有罪となり、現在保護観察中のクリス・ブラウンがナイトクラブで女性客を突き飛ばし、ケガをさせたらしい。


 TMZ.comによると、事件はカリフォルニア州アナハイムのヒート・ウルトラ・ラウンジでおき、クリスが突き飛ばしたという女性は右ひざの靭帯を切るケガを負ったとのこと。警察は女性から被害届が出されたことは認めたが、調査中のため被害者と加害者の名前は公表できないとしている。


 一方、クリスのスポークスマンは事件とのかかわりを否定。「そのような事件があったことは、わたしもクリス側もまったく知りません。その日のクリスは上機嫌でしたし、つじつまが合いません」と語っている。


 クリスは執行猶予の条件の一つであった180日間の社会奉仕活動の記録を改ざんした疑いをもたれている。地方検事は彼の地元バージニア州ではなく、居住しているロサンゼルスで180日間をやり直すよう求めており、7月15日に執行猶予違反があったかどうかの審問が開かれる。


 クリスは今年初めに歌手フランク・オーシャンとケンカをする事件を起こしているほか、先月、ビバリーヒルズで起こした自動車事故が当て逃げ事件として捜査されている。(BANG Media International)