ライフネット生命保険 社長 出口治明(でぐち・はるあき)1948年、三重県生まれ。72年京都大学法学部卒業、日本生命入社。92年ロンドン事務所長、95年国際業務部長、98年公務部長。2006年生命保険準備会社ネットライフ企画株式会社を設立、同社社長に就任。08年生命保険業免許を取得、現職に。

写真拡大

■副社長に直訴した「ビッグバン」の先

1987年10月14日、朝日新聞の朝刊一面に「大蔵省が『投資銀行構想』、業務を実質自由化」という見出しの大きな記事が載る。読んだ瞬間、「あっ、これは、あのときに議論していた件だ」と頷いた。

記事によれば、大蔵省(その後、金融庁と財務省に分割)が証券業務と銀行の兼営禁止や、長期信用銀行や信託銀行、普通銀行の分離など、自由化の壁となっている日本の制度を改め、業務をまたがって展開できる「投資銀行」の創設を打ち出す、としていた。戦後続いた制度を大きく変え、各業態の間に高く設けていた「垣根」を崩すという構想だ。大蔵大臣の諮問機関である金融制度調査会(金制)の研究会が近く報告書に盛り込み、金制で審議を始め、翌年5月に答申をまとめる、という。

日本生命の財務企画の運用企画部門にいた6年前、長期信用銀行の代表だった日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)の産業調査部へ出向した。そのとき、興銀の論客たちが予測していた流れの通りで、その是非を巡る論議に、自分も参加した記憶が残っていた。

記事には、生命保険に関する記述は、ひと言もない。だが、興銀で重ねた議論や、その後も銀行や証券の先輩たちに話を聞き、大蔵省や日本銀行の面々と意見を交換して磨いたセンサーが、かすかな兆候を感知する。「この大変革に、必ず生保も巻き込まれる。いや、むしろ進んで議論に参加すべきだ」と確信した。

上司に当たる副社長に「たいへん大きな話です。この制度改革議論に参加しないと、生保は時代の変化に取り残されます」と直訴する。「ちょっと考えさせてくれ」と言った副社長は、1カ月弱の間に他の役員の意見も聞き、大蔵省と交渉して、金制での論議に入れてもらう内諾を得てくる。そして、「きみが、その事務局をやってくれ」と指示された。

翌88年2月、金制の審議が再開され、「垣根崩し」の議論が始まった。副社長も委員になり、会合には必ず随行した。センサーを働かせ、さらに研ぎ澄ますためだ。ちょうど満40歳になるころだった。

9月には、証券取引等審議会での議論も開始する。改革は、91年6月、子会社によって相互の業務に参入を認める形に決まるが、保険業法の改正を取り上げる保険審議会の論議は、翌年4月にまでずれ込んだ。だが、生保の他社は「保険審があるのに、日生は何で金制に入るのだ」と言うだけで、ことの重大性に気づいていない。それでは、大蔵省や保険審の背中を押せない。

関心と理解を深めてもらうためには、やはり、欧米の金融界が大きく変化していることをみてもらうのが1番だ、と考えた。自分でアレンジし、生命保険協会で制度問題を所管していた財務委員会の主催として、欧米視察団を3回出す。それに、ずっと、ついていく。「ビッグバン」と呼ぶ金融証券制度の大改革が始まっていたロンドンを視察し、米国の動きも調べると、各社の幹部も「やっぱり、制度改革論議に入るしかない」とわかってきた。

保険審が始まった後、協会の財務委員会の下に制度改革論議の受け皿とする財務企画専門委員会を設け、その初代委員長となる。金融制度に関することは、正直言って、誰かに任せる気にはなれない。大蔵省にも業界にも、各業界が相互に「垣根」を乗り越え、新たな競争の促進を図る必要性を、説き続ける。いま思えば、当然の主張で、時代の先を読むのが好きだった。

「聖人見微以知萌、見端以知末」(聖人は微を見て以て萌を知り、端を見て以て末を知る)――知徳に優れた人は、かすかな兆しをみただけでこれから起こる物事を察知し、わずかな発端をみただけで物事の結末を見抜く、との意味だ。中国の古典の1つ『韓非子』にある言葉で、変化の激しい時代のなかでは洞察力が大切なことを教える。常に人と会って意見を交わし、先をいく人の話に耳を傾けながら、時代の先行きをみぬき、新聞記事1つを読んだだけで会社の進むべき道に思いを馳せる出口流は、この教えと重なる。

■「自由化」をいかし保険料を半額に

1948年4月、三重県の美杉村(現・津市)で生まれる。奈良県との県境に近い山間地で、きれいな清流が流れていた。父は教員。弟が1人いた。小学校に入る前、父の勤務先がある伊賀上野へ移る。県立高校から京都大学の法学部へ進む。72年4月、日本生命に入社し、京都支社に配属される。2年間いたが、大学時代の下宿からそのまま通う。

3年目から5年間、大阪本社の企画部にいた。予算や社内規定をつくり、常務会の世話をする部署で、会社のことを隅々まで知らないといけない。でも、普段は暇だった。最初の夏、課長に「夏休みの宿題をやろう」と言われた。全社の事業費を計算しろ、という。「事業費って、もう集計した数字があるじゃないですか」と言うと、「ばか、違うよ。全部を積み上げてみてくれ。例えば、セールス部隊の経費は何百億円となっているが、その経費を1つずつ、積み上げてみろ」と指示された。

なぜそんなことをするのか、意味がわからないまま、ともかく教わりながら、セールスは何人いて、1年間にどのくらい辞めて、どのくらい入ってきて、1人にいくら払い、契約を取ったらどんな手当を払っているかという具合に積み重ねていく。そのうちに、いろいろな社内規定も読まなければ計算できない、とわかる。規程を読みながらやり終えるまでに、ひと月ほどかかった。でも、これをやれば、必然的に、営業の仕組みや実情がわかっていく。

そんな具合に、2、3年、鍛えられた。会社のことがよくわかっていなければ、時代の変化に対応していくための「見微知萌」も難しい。課長の鍛え方から、多くを学んだ。

2003年春、日生グループのビル管理会社へ出向した。公共施設の整備やサービスの提供などを請け負う「PFI」の管理などが担当だった。55歳になるときで、初めて生命保険と無縁の仕事だ。「もう、生保の世界に戻ることはないな」と思い、後輩たちへの「遺言」のつもりで『生命保険入門』(岩波書店)と題した著書を書く。

ところが、2006年3月、友人からの1本の電話で、思いもしなかった「復帰」への道が開ける。投資事業を営む人が生命保険に詳しい人を探していると言われ、会いにいった。説明を終えると、「一緒に生命保険会社をつくりましょう」と誘われた。即座に「いいですよ」という答えが、口を出る。燃え尽きていないものが、まだ体内にあったのだろう。会社設立の準備を始め、ライフネット生命保険の誕生へ向かう。

2008年5月、開業した。各種のデータから、照準を20代や30代、40代の子育て世代の死亡保障に当てた。インターネットで直接販売することでコストを抑え、保険料を一般生保の半額にすることも目指す。4カ月後、契約者アンケートの結果が出た。59%が30代、19%が30歳未満、15%が40代と計93%が照準を当てた世代だ。保険料は月に平均6942円の節約ができ、削減率は47%。「半額」という目標も、ほぼ達成している。

40代で取り組んだ金融制度の改革は、生保各社にとってビジネスの可能性がすごく広がったはずだ。だが、それを十分に活かせたか。損害保険への参入は、成功例が乏しい。失敗はある程度、予測できた。業界内の「横並び」の意識や面子へのこだわりが、まだ強い時代だった。

とはいえ、あの大改革があったから、保険業法の改正もできて、生命保険の自由化への流れが始まった。自分は、その流れに乗れた。2012年11月、当初の事業計画で掲げた「開業後5年以内に保有契約15万件」を、半年早く達成した。やはり「見微知萌」は大きい。

(経済ジャーナリスト 街風隆雄 撮影=門間新弥)