シンデレラを演じるアナ・ケンドリックPhoto by Neilson Barnard/Getty Images

写真拡大

米ウォルト・ディズニーが進めている、ブロードウェイミュージカル「イントゥ・ザ・ウッズ」の映画化企画に、ミュージカル部門でトニー賞ノミネート経験を持つ米女優アナ・ケンドリックが出演交渉中だと米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

スティーブン・ソンドハイムが作詞作曲を手がけたミュージカル「イントゥ・ザ・ウッズ」は、魔女の呪いで子どもができないパン屋の夫婦が、呪いをとくために森のなかに入り、シンデレラや赤ずきん、ラプンツェルなど童話の登場人物に出会うというストーリー。1987年に初演され、88年度トニー賞を作曲賞含む3部門で受賞した。

今回の映画版では、「シカゴ」「NINE」などミュージカル映画に定評のあるロブ・マーシャル監督がメガホンをとる。ケンドリックはシンデレラ役で交渉中だ。ほか、すでに豪華キャストの出演が見込まれており、パン屋の夫婦役でジェームズ・コーデンとエミリー・ブラント、魔女役でメリル・ストリープ、狼役でジョニー・デップ、シンデレラの王子役でクリス・パイン、ラプンツェルの王子役でジェイク・ギレンホールの参加が予定されている。

映画版でもソンドハイムの楽曲を使用し、ミュージカル版の台本を手がけたジェームズ・ラパインが脚本を手がける。今秋のクランクインを予定。

■関連記事
映画版「イントゥ・ザ・ウッズ」でM・ストリープ&J・デップが共演か
実写版「シンデレラ」魔法使い役にヘレナ・ボナム・カーター
ディズニー実写版「シンデレラ」主演にリリー・ジェームズ
ロス市警監修のクライムアクション予告でJ・ギレンホールがギャングと死闘
ジョニー・デップ、生まれつき左目が見えないと告白