「C1000」テレビCM「撮影現場」篇

写真拡大

女優の本田翼さんが人生初のハワイで全身ズブ濡れに――ハウスウェルネスフーズのビタミンC補給飲料「C1000」のテレビCM第3弾「撮影現場」篇がオンエアされている。本田さんは、仕事の忙しさでキレイになることを忘れがちな、「ちょっぴりドジでチャーミング」な新米編集者を演じ、「イケメン」との出会いを通じて、女の子としてのときめきを取り戻していく。

演じる「女性編集者」がうっかり足を…

今回の舞台は南の島ハワイ。本田さん演じる編集者は初めて海外ロケに同行し、プールサイドの撮影現場でテスト用の被写体を務めることになった。ところが、うっかり足を踏み外してプールに落ちてしまう。慌てて駆け寄ってきた「イケメン」外国人スタッフに「Are you alright?」と手を差し伸べられ、赤面して顔の周りにハートを浮かべる。恥ずかしさのあまり「OK、OK」と何でもない素振りを見せつつも、「なわけないけど…」と心の声でつぶやく。

CM撮影は5月半ばに、ハワイ・オアフ島のホノルル中心部から車で30分ほどの場所にある海沿いの一軒家で行われた。さまざまなバリエーションの演技に挑み、時には主人公の心の動きを意識しながらのアドリブも披露したという。開放感あふれるアクションやコミカルな表情、全身ズブ濡れになりながらの体当たりの演技が見どころだ。

本田さんは実生活を含めハワイは初体験で、「海がとてもキレイで、すっかり私のお気に入りの場所になりました。ハワイ独特の空気感や景色の良さ、太陽の光もとても気持ち良かったです」と満足した様子。「日本もあっという間に夏が始まりますね。暑い時期が続くと思いますが、そんな時こそC1000を飲んで、キレイも元気も補給してください!」とメッセージを送った。

2013年の「C1000」は、「Cがなくっちゃ、はじまらない。」がテーマ。CMタイアップ曲には、西野カナさんの「Believe」を起用し、女子の気持ちをつづった歌詞が、CMの世界観を盛り上げる。