リス・エヴァンス

写真拡大

名探偵シャーロック・ホームズが現代のニューヨークで活躍する米CBSのドラマ『Elementary』。本作で、英国ウェールズ出身のリス・エヴァンスが、シャーロックの兄マイクロフトとして出演することが決まった。

現代のシャーロックを、英国人俳優ジョニー・リー・ミラー(『弁護士イーライのふしぎな日常』、そして、女性版ワトソンをルーシー・リューが演じている本作。マイクロフトは英ロンドンで撮影されるシーズン2第1話で初めて顔を見せ、以後、たびたび登場することになるという。

(以下、シーズン2のややネタばれがあります。ご注意ください)

この初登場回では、シャーロックが過去の事件にとりくむべくロンドンに呼び戻され、いやいやながらも兄と対面する展開に。数年間にわたって仲違いしている兄弟だが、マイクロフトは、シャーロックとワトソンをベーカー街221B(コナン・ドイルの原作では、シャーロックとワトソンが下宿していた住所)の自宅に泊めることになる。そして3人は複雑な過去に向き合う、というストーリーになるようだ。

リスはこれまでに、『アメイジング・スパイダーマン』でカート・コナーズ博士を演じたほか、『もうひとりのシェイクスピア』『ノッティングヒルの恋人』などにも出演。さらに、『ロンドン・ドッグス』でジョニーと、『HOTEL』ではルーシーと共演したこともある。

番組クリエイター/製作総指揮者のロバート・ドハーティは、今回の配役について「リスの参加ほどうれしいことはありません。いままでずっと大ファンだったので、キャストに加わってもらうことは大変な名誉です。ジョニーとルーシーのふたりとも映画で彼と共演したことがあるのもうれしいですね。私たち一同にとって、とても楽しい撮影になると思いますよ」と話している。

おなじみのキャラクターが次々と出そろい、今後もさらに面白くなりそうな『Elementary』。シーズン2はアメリカでは9月26日(木)にスタートする。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
異色のシャーロック・ドラマ『Elementary』、今年10月ついに日本上陸決定!
『スパルタカス』のジョン・ハナーが元麻薬売人役で『Elementary』に出演!
『Elementary』ワトソン役が女性でも、米版ホームズは恋愛なし!?