最新作を引っ提げ来日するブラッド・ピット
 - (C) 2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 ブラッド・ピットが最新作『ワールド・ウォーZ』を引っ提げ、『マネーボール』以来約1年9か月ぶりに来日することが決定した。ブラピは7月29日に行われる同作のジャパンプレミアに参加し、パートナーのアンジェリーナ・ジョリーも一緒に来日を予定している。


 映画『ワールド・ウォーZ』は、全人類を絶滅へと導く謎のウイルスの感染原因を解明するため、カオスと化した世界を奔走する元国連捜査官の姿を描いたパニック・エンターテインメント。『007/慰めの報酬』や『ネバーランド』のマーク・フォースター監督がメガホンを取る。


 今月21日(現地時間)、一足先に公開された本国アメリカでは、6,641万ドル(約66億4,100万円)のオープニング成績を記録し、『Mr.&Mrs. スミス』を抜いてブラピ出演作の中で歴代ナンバーワンの好成績となった。(編集部・中山雄一朗)


映画『ワールド・ウォーZ』は8月10日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開