単なるウソつきと、空想虚言症

写真拡大

■お騒がせ森口氏の症例は「空想虚言症」

2012年秋、米ハーバード大講師を自称する森口尚史氏が、「iPS細胞の臨床応用に成功した」と発表、メディアで大きく取り上げられました。しかしそれが実は虚偽の発表であり、「大誤報だ」と騒ぎになったのは記憶に新しいところです。

私は森口氏を直接には知らないのですが、その言動を見るかぎり、売名目的で嘘をついたというより、自分で考えだした空想を、自分自身が信じ込んでいたのではないかと感じています。精神医学で「空想虚言症」と呼ぶ症例です。この症例は、本人が自分の作り話を真実であると信じきってしまうことが特徴で、語る言葉に1点のやましさもないために、嘘と見抜くことが困難なのです。

「ああいう人物が部下だったらどうするか」という設問ですが、森口氏のようなタイプの人はまずいません。私たち精神科医にとっても、一生のうちに一度ぶつかるかどうかというくらいの珍しい症例です。

森口氏の発表は、山中伸弥京大教授のノーベル賞受賞が決まった直後のことでした。想像ですが、森口氏には「自分は世界一の研究者」「自分は山中さんよりすごい」という思い込みがあって、それを自分にいい聞かせるために、虚偽の発表をしてしまったのではないでしょうか。

白雪姫の童話に「鏡よ鏡、世界で一番美しい女は誰?」と聞くお妃が出てきますが、基本はあれと同じです。もっとも、男性にはあまり見られない性向なのですが。

たとえば、すでに男性経験があるにもかかわらず「あなたが初めての人よ」という女性がいます。男性でも女性の耳元に同じようなことを囁く人はいますが、その場合ほぼ間違いなく、事実ではないことを自分でわかったうえで嘘をついています。

ところが女性の場合、いっている当人も、本当に「初めての人」と信じ込んでいることが少なくありません。自分にとって都合の悪い事実が、記憶から消えてしまっているのです。これを「現実否認」と呼びます。

女性による結婚詐欺でも、話していることは明らかに事実と違うにもかかわらず、詐欺師本人は「自分の言葉こそ真実」と信じ込んでいる場合があります。

空想虚言症の人が語る話が現実と食い違っていることに気づくためには、まず、現実についての知識が必要になります。

今は世の中が複雑になり、自分の専門分野以外については、多くの人が「世間知らず」になっています。特に森口氏の話などは、専門知識を用いて精緻に構築されていて、容易には疑問を持たせないようなリアリティがありました。専門外の人が騙されても、しかたないとも思えます。

ただ、見抜く方法はあります。

私はたまたま問題の発表をテレビで見たのですが、森口氏がパネルに貼られた模造紙を背にして研究内容を説明していることに違和感を覚えました。学会で見かける「ポスター発表」の形式だったからです。

今日では新しい研究成果は、速報性を重んじ、まずは権威ある科学雑誌のインターネット版で発表されます。学会でも、話題性のある研究については講演形式で発表されます。メディアに注目されるような研究が「ポスター発表」になるとは、常識的に考えられません。

また、画面に映る森口氏は、自分が救った患者について陶然とした様子で語っていました。その表情からも、「ちょっと変だな」という印象を受けました。こういうときはふつう、手柄を誇ったり、逆に謙虚にアピールしたりするものです。しかし森口氏は、自ら語る物語に完全に酔いしれていました。このタイプの人が職場にいることはまずないと思いますが、もし疑わしいところがあれば、このような表情に気をつけたらいいと思います。

----------

聖路加国際病院精神科部長 
大平 健
1949年、鹿児島県生まれ。東京大学医学部卒業。『やさしさの精神病理』『顔をなくした女』など著書多数。

----------

(聖路加国際病院精神科部長 大平 健 構成=久保田正志 撮影=永井 浩)