「外国人ボス」へのゴマのすり方

「土日に携帯によく電話してくるんです。長いときには1時間半くらい『この数字はおかしいじゃないか!』と中国語でまくしたてる。論理的に説明すると最後はわかってくれるのですが、ほとほと疲れます」

都内の中国系企業に勤務する山辺郁夫氏(38歳/仮名)は苦笑いしながらこう語る。日本企業から転職して1年半。上海留学で身につけた中国語を駆使して中国人上司に“応戦”するものの、コスト第一主義を振りかざす上司とのバトルは、想像以上に骨が折れたという。

「日本の状況がよくわかっていないので、顧客のほうを見ず、数字だけ見てカットしろと詰め寄るんです」

米国留学の経験もあり、数年間を海外で過ごした山辺氏だが、外資系企業で中国人上司を持つのは初めての経験。英語と中国語ができるトライリンガル管理職としての期待を受けて入社したのはよかったが、あまりにも「人を人と思わない」やり方に驚愕した。

「グロスマージンでの目標を達成するために徹底的に人件費を削るという方針で、そのためにはまさに手段を選ばないという感じ。黒字でも利益率が低ければ、平気で社員のクビを切ったり部署ごと潰したりする」

同社は中国でも急速に発展している躍進企業なだけに、数字にはとりわけシビア。創業者が40代ということもあって社員の平均年齢も若い。山辺氏の現在の上司も30代後半だが、「上司が言ったことは絶対で、まさに『Just Do It』。何日でも徹夜しろと言われたらやるしかない。抵抗すればクビです」。

別の中国系商社で総務・人事を担当する上田亜希子氏(32歳/仮名)も中国人上司の厳しさを実感する毎日だ。4年前に中国語力を買われて転職。20代前半のとき台湾で働いた経験があったが、そこはアットホームな企業だったため、大陸系中国企業との違いに戸惑ったという。社内での公用語は日本語だが、ビジネススタイルは完全に中国式だ。

「自分が間違っていたとしても、絶対に自分の非は認めず、相手のせいにして激高する。こちらが否定すると火に油を注ぐことになるので黙って聞いているだけですが……」

山辺氏も上田氏も留学経験があり中国語を流暢に操る。中国や中国人に対しては普通の日本人よりもずっと“免疫力”がある彼らでさえ、中国系企業に慣れるまでには欝になりそうな時期があったという。

とはいえ、レナウンの例に見られるように、中国系に日系企業が買収される事態が相次いでいる。「ある日突然、自分の会社が中国系になっちゃった」などという状況になりかねないのは誰も同じで、もはや他人事だと笑ってはいられない。

ただし、中国系にもよいところはあると上田氏はつけ加える。

「たとえば意思決定の速さ。日本企業のように稟議とか根回しとかないので何でも速い。その代わり覆るのも速いんですが(笑)。走りながら物事を決めていくので、何か頼まれたらすぐにやらなければダメ。そこに自分の意見もプラスしてオリジナリティを出すと喜びます。日本とは逆ですかね。報告するときもスピードが大事。上司を見つけたらすぐに駆け寄って歩きながらでも話します。タイミングを見計らっていると、遅いじゃないかと怒られるので」

上田氏は彼らについて「褒められると喜ぶタイプが多い」と指摘する。誰でも褒められればうれしいものだが、特にエリート街道を歩んで日本支社勤務となった中国人はプライドが高く、大げさに褒めると自尊心をくすぐられて機嫌がよくなるという。

山辺氏もクオリティを重視する取引先の日本企業と中国人上司との間で板ばさみとなった。が、逆に日本企業の経営陣とよい関係を築くことで自分の立ち位置を確保する術を身につけた。

「何でもバカ正直に中国側に報告せず、つかんだ顧客情報は自分のところでいったんシャットダウン。ここぞというときに、自分に都合のいい情報を中国側に小出しにすることで自分の存在価値をアップさせます。中国人上司は権威に弱いですから、無理難題を要求されたときなど、『日本の一流企業のトップがこう言っているのですから』と反撃すると黙る。日本人としての強みを逆手にとった、ある種のしたたかさが大事です」

山辺氏は利益をばっちり出せるようになったことで社内の立場も安定してきたという。

「中国系企業は欧米以上の成果主義。上司といってもビジネス経験が浅く、企業文化というものがほとんど育っていない。だからこそ数字しかないともいえる。逆に数字さえ出したら出社なんてしなくていいくらいだし、給料は成果に伴ってどんどん上がるので、日本企業よりシンプルでフェアだともいえるでしょうね」

一方、同じアジアで存在感を見せる韓国はどうだろうか。10年前から外資企業で韓国系プロジェクトに従事、韓国人上司の下で中間管理職として働く中川真一氏(48歳/仮名)に聞いた。

「私の上司は日本での仕事経験も長く、中国系に比べればやりやすいのでは。でも仕事に関しての上下関係はやはり非常に厳しいですね。縦社会の文化が強いので、役職が2つ上の上司については特に要注意です。食事中の礼儀や口の利き方ひとつにも非常に気をつけています」と語る。

上司が部下を叱るときも、叱る内容以上に「叱っている姿を本人や周囲の人たちに見せること」で自分の立ち位置を見せ、上下関係を徹底させようとする節がある。

「モノははっきり言うし、激しく怒鳴られることもある。それに耐えられなくて辞める人は結構いました」

ただし、スタンドプレーは嫌われる傾向があるそうで、このあたりはどちらかというと日本企業に近いといえるかもしれない。

「歴史問題などを話すことはまずありませんが、韓国について一定の理解は必要でしょう」と中川氏はアドバイスする。これはどの国の上司の下で働く場合でも同じだと思われるが、あまりに相手に合わせすぎるのもトラブルのもとだ。

「アジア人同士、見た目があまりにも似ているので、自分は日本人として韓国人と仕事をしているんだ、という意識を持つことは大事です」

前出の山辺氏も同じく、言語ができても社内政治に首を突っ込むのはご法度だと語る。「中国人の人間関係はいくら中国通でも理解できない。外国人同士で起こった問題は彼らに任せるべき」と語る。

最後に、欧米系企業で長年秘書として働いてきた小沢香織氏(44歳/仮名)に欧米人上司について聞いてみた。小沢氏はアメリカ、イギリス、オーストラリア、スイス人など多国籍の上司に長年仕えてきたキャリアウーマンだ。

そんな小沢氏が見た欧米人上司は、「アングロサクソンが世界一高等な民族だと思っていることは確かで、日本人を見る目は想像以上に冷たい」。自分の意見がなく、顔が見えにくい日本人の影は世界では驚くほど薄いのではと小沢氏は分析する。

だが、家族連れで来日している場合は奥さんや子どもの習い事の世話をしてあげたり、ファミリーサービスを手伝ってあげることで部下の株は上がるという。

「日本語を武器に日本人ならではのきめ細かい世話をしてあげると喜ばれることが多いですね」と小沢氏。上司夫人と、休日返上で国内旅行をしてあげたらとても感謝され、その後の関係がよくなったという。

要は、どんな国籍の上司が来たとしても、ある程度相手の国について学びながらも、あくまでも日本人としての強みを生かし、巻き起こるトラブルにフレキシブルに対応する。そんな中で自分の居場所を確保していくことが得策のようだ。いま、自分の身を守れるのは、結局、自分しかいないということなのだろう。

(ジャーナリスト 中島 恵=文)