香港に上陸した福山雅治

写真拡大

俳優の福山雅治が6月26日(現地時間)、主演最新作「真夏の方程式」を引っさげ、香港国際空港に上陸した。同作が日本と同じ29日に劇場公開されることに先立ち、27日に行われる香港プレミアに出席するため。同空港には1000人を超えるファンと報道陣が詰めかけ、混乱を危惧した空港関係者の判断により、出口ゲートからの入国を断念。それでも、関係者出入り口にもあふれんばかりのファンが押し寄せ、福山の絶大な人気のほどをうかがわせた。

香港でも、「ガリレオ」人気はとどまるところを知らない。同シリーズの前作「容疑者Xの献身」も劇場公開され、日本映画としては異例のヒットを飾った。今作とともに配給を手がける香港最大手ゴールデン・ハーベスト社からの強い要望に応える形で、福山の香港入りが実現した。

午後8時23分、福山が姿を現すと関係者出入り口に殺到したファンからは、一斉に大歓声が沸き起こった。想像以上のファンの数に、福山は「本当にこんなにたくさん集まってくださって、うれしいです」とニッコリ。車両に乗り込む前にも全方位に向かって悠然と手を振り、女性ファンのため息を誘った。

福山の大ファンで、午後3時から空港で待ち構えていたというヤンさんとチンさんは、「ずっと待っていたのに、全然見えなかった!」とぼやき節。それでも、「香港でもすごく人気なんです。彼の歌がすごく好きなんです」と興奮を隠し切れない様子だった。

福山は27日、香港のショッピングセンター「ハーバーシティ」で行われるレッドカーペットイベントに出席し、同センター内の劇場「グランドオーシャン」での舞台挨拶に立つ予定。

「真夏の方程式」は、6月29日に全国で公開。

■関連記事
【予告編】「真夏の方程式」
福山雅治、吉高由里子の奔放トークに「さっぱりわからない!」
福山雅治「真夏の方程式」を自信のアピール!吉高由里子は“先輩”を「スター」
福山雅治、感無量の男泣き 主演作、カンヌで10分総立ちの喝さい
柴咲コウ、怨念たっぷりお岩さん 海老蔵×三池崇史の「真四谷怪談」に出演