完璧じゃないと嫌よ! - マライア・キャリー
 - FOX / Getty Images

写真拡大

 アメリカで7月23日に発売予定だったマライア・キャリーの11枚目のアルバム「ザ・アート・オブ・レッティング・ゴー / The Art of Letting Go」のリリース日が延期されたという。


 このアルバムの製作過程に没頭しているというマライアは、現在のレコーディングのまま7月23日に発売するには完成度が低すぎると考えているよう。「意味深い曲を外したくないの。このアルバムをあるべき形で聴いてほしいから、準備ができたらすぐにみんなに知らせるわ!」とツイートしている。


 マライアは1,800万ドル(約18億円)のギャラをもらったオーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員を5月に降板。理由は新曲「ビューティフル」が世界30か国以上でナンバー1になったことを受け、世界ツアーを行うことになったためだとスポークスマンは言っている。(1ドル100円計算)


 現在はレコーディングに磨きをかけることに専念をしているマライアは、アルバムの発売後にコンサートツアーを行う可能性が高い。(澤田理沙)