「96時間 リベンジ」の一場面(C)2012 EUROPACORP - M6 FILMS - GRIVE PRODUCTIONS

写真拡大

リーアム・ニーソン主演の大ヒットシリーズ「96時間」の第3弾が製作されることがわかった。

「96時間」は、元秘密工作員のブライアン・ミルズ(ニーソン)が、家族に危害を加える悪党たちと命がけの戦いを繰り広げる人気アクション。2008年にピエール・モレル監督による第1作、12年にオリビエ・メガトン監督による第2作「96時間 リベンジ」が公開されている。

米Deadlineによれば、ニーソンは当初、第2弾に消極的だったが、出演料1500万ドルで合意し、ブライアン役としてカムバックした。第3弾はさらに高額となる2000万ドルで、近日中に出演契約を結ぶと伝えられている。

シリーズの製作を手がけるリュック・ベッソンのプロダクション、ヨーロッパコープは来年2月にクランクインを計画している。ニーソンの次は、ブライアンの愛娘キム役を演じるマギー・グレイス、元妻レノーア役を演じるファムケ・ヤンセンとの契約交渉を進める見込みだ。第3弾の脚本は、過去2作を手がけたベッソンとロバート・マーク・ケイメンが執筆中。監督はまだ明らかになっていない。

■関連記事
「96時間 リベンジ」の大ヒットでリーアム・ニーソンの出演料が高騰
【映画評論】「96時間 リベンジ」
ショーン・ペン主演アクション大作「眠りなき狙撃者」に「96時間」モレル監督
「俺たちニュースキャスター」続編にリーアム・ニーソン、サシャ・バロン・コーエン
米サイトが選ぶハリウッド映画に登場する格好良い父親