iPS細胞 来夏にも世界初の移植へ

ざっくり言うと

  • iPS細胞を使った「加齢黄斑変性」の臨床研究を厚労省が26日、了承した
  • 加齢黄斑変性は、目の網膜の黄斑部が障害を受け、視力が落ちる病気
  • 同細胞を使った世界初の臨床応用が来年夏にも始まる見通しとなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング