スティーヴン・キング

写真拡大

先にお伝えしたとおり、スティーヴン・キング原作の新作ドラマ『Under the Dome』が米CBSで初回放送され、米4大ネットワークで放送された夏の番組のなかで最高視聴率をたたき出すという好スタートを切った。

初回放送を迎えた現地時間6月24日(月)の夜、プロアイスホッケーのスタンレーカップ決勝第6戦が米NBCで中継されていたが、CBSが本作の宣伝に早くから力を入れていた甲斐あって、視聴者数1310万人、18〜49歳層では3.2レーティングを獲得。2007年以降、4大ネットワークで初放送された夏の番組ではトップの成績をおさめた。

またこの視聴率は、2012〜2013年に初回放送されたドラマにおいて、トップにつけた米NBCの『レボリューション』に次ぎ、米FOXの『ザ・フォロイング』と肩を並べる成績。視聴者数では最大となっている。

アメリカのネットワーク局においては通常、夏はオフシーズンとみなされているが、最近はケーブル局でクオリティの高い番組が放送されていることを意識してか、変化が見え始めている。『Under the Dome』で今年の夏のTVは活気づくかもしれない。



■関連記事
SF作品のアカデミー賞とも呼ばれる第39回サターン賞、『ブレイキング・バッド』が最多3部門に輝く!
話題作『Under the Dome』、スティーヴン・キングの原作とは異なる展開に!?
海外ドラマ好きのダンス&ボーカルユニットGENERATIONSが登場! 「東京国際ドラマ祭〈海外ドラマDAY〉」26日開催