『レ・ミゼラブル』がレンタルでトップ! 息の長いヒットとなるか?
 - (C) Universal Pictures

写真拡大

 6月24日付けのTSUTAYAレンタルDVD / ブルーレイランキングは『レ・ミゼラブル』が初登場1位となり、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』の連続首位記録を2週でストップした。


 不朽の名作を題材にしたミュージカル映画である本作は、レンタルに強いアクションやアドベンチャーではないが、興行で大ヒット。その勢いがレンタルにも表れた。前田敦子を起用したテレビCMもレンタル促進に一役買ったようだ。


 さらにCDショップや家電量販店などでは、セルDVD / ブルーレイの予約促進のために店頭でのリリース日告知に早くから力を入れており、これもユーザーの認知度アップに貢献したと思われる。ちなみに、TSUTAYAのフリーペーパーでは表紙を飾り、1番目に紹介するプッシュ作品だ。


 2位も初登場の『アウトロー』。『レ・ミゼラブル』に押されてトップ発進とはならなかった。劇場公開から約4か月半後というスピードリリースで、公開時のCMやトム・クルーズ来日時のパブリシティー露出の印象が残っていたこともレンタルを後押しした。またジャケットにある「『M:i』シリーズ トム・クルーズ最新作」のコピーが、『ミッション:インポッシブル』シリーズを彷彿(ほうふつ)とさせるアクション作であることをアピールしたことも、奏功していると思われる。なおトップ2作品のレンタル開始は21日の金曜日。わずか3日間で1位、2位を獲得したことになる。


 3位の『ライフ・オブ・パイ〜』も、先週から2ランクダウンしたとはいえ、根強い人気を見せている。


今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)。


1位『レ・ミゼラブル』(初登場)、2位『アウトロー』(初登場)、3位『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(1位)、4位『悪の教典』(2位)、5位『のぼうの城』(4位)、6位『PARKER/パーカー』(3位)、7位『アウトレイジ ビヨンド』(6位)、8位『今日、恋をはじめます』(5位)、9位『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(7位)、10位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(8位)


 今週は、『映画 妖怪人間ベム』が26日、『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』が28日からレンタル開始。これらの順位と共に、『レ・ミゼラブル』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)