日本公開が待ち遠しい!写真:Album/アフロ

写真拡大

ディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ監督の代表作で、ウィル・スミスの出世作でもある「インデペンデンス・デイ」(1996)の続編の全米公開日が、2015年7月3日に決定した。製作・配給の20世紀フォックスが発表した。

宇宙人による地球侵略の危機に際して、人類が米大統領を中心に一致団結して闘う姿を壮大なスケールで描いた同作は、全世界で8億1740万ドルの興行収入を記録する大ヒットとなった。

エメリッヒ監督が引き続きメガホンをとる続編は、「ID Forever Part 1(原題)」「ID Forever Part 2(原題)」の2部作になる見込みで、前作から20年後の世界が描かれる。前作同様、エメリッヒとディーン・デブリンが共同で脚本を執筆した。

キャストについては、前作でホイットモア大統領を演じたビル・プルマンの参加は決定しており、またエメリッヒ監督の米ニューヨーク・デイリーニュース紙による最新インタビューによれば、オリジナルキャストの約半数は復帰する見込みだという。ただし、スミスはギャラが高額すぎて獲得できないと同監督は語っている。

エメリッヒ監督の最新アクション大作「ホワイトハウス・ダウン」は、8月16日から日本公開される。

■関連記事
ローランド・エメリッヒ監督、エイリアン侵略映画に再挑戦
サミュエル・L・ジャクソン、新作アクション映画で米大統領に
ハリウッド・レポーター紙が選ぶ、世界の終わりを描く映画19本
「インデペンデンス・デイ」続編2本、ウィル・スミス抜きで製作か?
ローランド・エメリッヒ監督、新作SF「Singularity」に着手