【女子感覚】ケチるとバチが当たりそうなおさい銭の額「0円 44.3%」→「0円はおさい銭じゃない」(24歳)

写真拡大

みなさんは、神社やお寺でお願いごとをするとき、おさい銭をいくら出しますか? あまりにも少ないと、身分不相応なお願いをしておきながら、安く済ませようとするなんてけしからん! なんて天の声が聞こえてきそう。マイナビニュース会員の女性465名にうかがいました。

調査期間:2013/5/24〜2013/5/29
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数:女性465名(ウェブログイン式)

男子感覚はこちら

【女性編】Q.これ以上ケチるとバチが当たりそうなおさい銭の金額を教えてください(単一回答)
1位 0円 44.3%
2位 1円〜5円 38.3%
3位 51円〜100円 4.1%
4位 6円〜10円 3.2%
5位 11円〜50円 1.9%

■0円
・「お金に対して、信仰心をかける事自体、間違っていると思うので」(30歳/その他)
・「0円はおさい銭じゃない」(24歳/医療・福祉/専門職)
・「普通にご縁で5円もあるし、気合入れて500円もあるし、受験生の時は受験番号分のお金を入れたなあ」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

■番外編:おさい銭の定義がそもそも小額(1円〜5円)
・「1円以下だと、おさい銭ではなくなると思います」(22歳/医薬品・化粧品/クリエイティブ職)
・「ご縁と掛けた5円未満はご利益がなさそうだから」(24歳/建築・土木/技術職)
・「5円でも十分だと思う」(27歳/機械・精密/秘書・アシスタント職)

さすがに1円も出さないとバチが当たると考えている女性は多いようです。祈りの気持ちを金額では表すことはできませんが、0円では気が引けるかも。金額には関わらず、神様に向かって手を合わせるときは、清らかな心でいたいものです。

(OFFICE-SANGA)