三村マサカズが立場を擁護したローラ
 - 画像は今年2月撮影のもの

写真拡大

 お笑いコンビさまぁ〜ずの三村マサカズが、父親が詐欺容疑で国際手配された人気モデルのローラについて、自身のツイッターを通じてその立場を擁護した。三村は人気バラエティー番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の火曜日レギュラーとしてローラと共演している。


 三村は25日、ツイッターのフォロワーから「ローラを頼む」という趣旨の言葉を寄せられ「任せろ!大丈夫だよ。ばたばたしなくても」と返答。この反応に、別のフォロワーから「芸能人同士の守り合いでは」と疑問を呈されると、「今回のケースは違う」とつづり「子供の不祥事は親の責任もあるけど、親の不祥事を子供が背負うのはきつすぎると思います」と反論、ローラを気遣った


 ローラの父ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は、海外療養費の不正受給を指南したとして、警視庁が逮捕状を取り、国際手配されたと報じられた。


 この件についてローラの所属事務所は、報道各社に向けたFAXで「報道された事実に関して、ローラ本人はまったく把握しておらず、大変ショックを受けております」と説明。ローラ本人も「父がご迷惑をおかけしてすみませんでした。とてもかなしいです。本当にごめんなさい」と謝罪している。(西村重人)