今秋「ジーユー海外1号店」が中国・上海にオープン -他3ブランドも同時出店

写真拡大

ファーストリテイリンググループのブランド「ジーユー(GU)」は今秋、上海に海外1号店となる「ジーユー上海店(仮称)」をオープンする。

同店は、今秋に出店を予定している世界最大のグローバル旗艦店「ユニクロ上海店」に入り、旬のファッションアイテムを、ウィメンズ・メンズ・キッズと豊富なラインアップで提供する。店内は一目で見渡せる設計となっており、ゆっくりと買い物を楽しめるという。総売り場面積は約300坪。

また、ファッションアドバイザー店員「おしゃリスタ」をはじめ、マネキンが着用しているコーディネートがその場で買える「コーディネート提案型什器」や、ユーザーが自身のワードローブを連想できる「ワードローブ型什器」などのサービスを導入していく予定となっている。

同店と同時に、同グループ傘下の「コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)」「プリンセス タム・タム(Princesse tam.tam)」「プラステ(PLST)」の各ブランドも上海に初進出、「ユニクロ上海店」の一部に入る。各ブランドとも、中国大陸に進出するのは今回が初めてとなる。「ユニクロ上海店」の所在地は、上海市黄浦区淮海中路887号。売り場面積は約2,430坪。その他、詳細は同グループニュースリリースを参照のこと。