死亡の岩手県議 多量飲酒か

ざっくり言うと

  • 岩手県警は26日、死亡した小泉県議の遺体を司法解剖した結果を発表した
  • 小泉氏の遺体からは相当量のアルコールが検出されたという
  • 少なくとも泥酔状態になる量で、目立った外傷はなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング