最近は1年中つらい? 花粉症による鼻づまりに有効な食べ物とは

写真拡大

花粉症といえばスギですが、最近は1年中なんらかの花粉に悩まされている人も多いようです。花粉症や鼻づまりは、ちゃんとお医者さんに通って治療するのが大切ですが、日常の食生活から対策を練る方法もあるようです。それが「レンコン」「乳酸菌」を使った花粉症、鼻づまり対策。なぜレンコンや乳酸菌が花粉症や鼻づまりに効くのか、見ていきましょう。

■花粉症の原因は、花粉症に反応する抗体が増えるから

まずは、なぜ花粉症になってしまうのか、その原因からのおさらいです。花粉症は花粉を体が異物ととらえてしまい、過剰な免疫反応を起こすことで起こります。体の中にある花粉をキャッチする抗体は、花粉を吸い続けることでどんどん増えていきます。

この抗体がたくさん体の中に増えると、花粉が体に入ってきたときに「病原菌が入ってきたよ!」というアラームが、抗体の数だけたくさん鳴らされます。そのアラームに反応した体は、鼻水を出したり、くしゃみをしたりして体から花粉を必死に追い出そうとするのです。この花粉への過敏反応のことを花粉症といいます。

■レンコンは花粉症の抗体を抑制する効果がある

つまり、花粉をキャッチする抗体の数が少なくなれば、たとえ抗体がアラームを鳴らしても、鼻水をたくさん出したり、くしゃみをたくさん出したりする大騒動にはならないということです。

実はレンコンには、この抗体の数を抑制する効果があるのです。埼玉医科大の研究によると、スギ花粉症の人に一定期間レンコンエキスを毎日飲んでもらい、血中濃度をはかったところ抗体が増えるのを抑制し、免疫力を向上させるデータが得られたのだとか。この実験はマウス実験で行った場合も、同じ結果が得られたのだそうです。そして、さらにレンコン効果を高める成分があることを発見。それがヨーグルトなどに含まれる乳酸菌です。

■レンコン+乳酸菌で、約80%の人が花粉症改善!?

レンコンエキスに乳酸菌を配合したものを、スギ花粉症の人などに3カ月飲んでもらったところ、約80%の人が花粉症の症状が改善されたのだとか。またアレルギー反応を起こす抗体の数は、花粉症の人の場合、ピークで4〜6倍に増えるのですが、この実験では抗体の数が多くても3倍以下にしか増えなかったのだそうです。これは効果が期待できそうです。

■レンコン+乳酸菌を使って、花粉症、鼻づまり対策ってどうすれば?

例えばメインはレンコンを使った料理、食後にヨーグルトを食べるのもよいかもしれません。ちなみに鼻づまりに効くとされている「レンコン汁療法」なんていう民間療法もあります。レンコンをすりおろして絞り、レンコン汁を綿棒にとって鼻の内側に塗るだけ。またレンコン汁に、塩、しょうが、ハチミツを溶かしてお湯を注いで飲むのも効果があるとか。興味のある方は、一度試してみてください。