「スポーツ」はいつから自己啓発になったか-4-

写真拡大

■TOPIC-4 人々が選手に求める「強い効能」

2011年のベストセラーとなった長谷部誠さんの『心を整える。——勝利をたぐり寄せるための56の習慣』は、その帯(私の手元にあるのは2011年5月の第10刷です)に「プロサッカー選手、初の自己啓発書」と銘打たれていました。スポーツ関連書籍は自己啓発書「のように」読まれることがあるという曖昧な話ではなく、明確に自己啓発書「として」世に送り出された同書は、発売から半年ほどの間で100万部を超える大ベストセラーとなりました。

長谷部さんは同書の「まえがき」で、自らの「キーワードは『心』です。僕は『心』を大切にしています」と述べます。長谷部さんにとっての「心」とは、「車で言うところの『エンジン』であり、ピアノで言うところの『弦』であり、テニスで言うところの『ガット』」なのだと述べます。このような比喩を用いて長谷部さんは、自分にとっての「心」とは強く、折れないようにするものではなく、「調整する」「調律する」ように扱うものだと述べます。「心をメンテナンス」し、「常に安定した心を備えることによって、どんな試合でも一定以上のパフォーマンスができるし、自分を見失わなくて」すむ、というわけです(9p)。

同書で具体的にとりあげられる最初の習慣は、「意識して心を鎮める時間を作る」です。静かな部屋で一人横になり、息を整えながら全身の力を抜き、「ひたすらボ〜ッと」する、あるいは「頭に浮かんできたことについて思考を巡らせ」るなどして、「練習と緊張でざらついた心をメンテナンス」する時間を、「一日の最後に必ず30分間」作るというのです(12-13p)。これは京セラの創業者、稲盛和夫さんの本から影響を受けたと述べられていますが(14p)、連載第8テーマ「手帳術」の回でとりあげた藤沢優月さんが「灯台の時間」という言葉で述べた「毎日1時間、純粋に自分のためだけの時間」(『夢をかなえる人の手帳術』92p)をもとう、という言及とほぼ同じだといえます。

3番目にとりあげられる習慣は「整理整頓は心の掃除に通じる」です。試合に負けた次の日などの「心がモヤモヤしたとき」(21p)に、整理整頓を行うことで、心の掃除を行うことができるというのです。これは前回テーマの「掃除・片づけ」で扱った近年の片づけ本に近い発想だといえます。

他にも、デール・カーネギー『人を動かす』、白取春彦訳『超訳 ニーチェの言葉』、『本田宗一郎 夢を力に 私の履歴書』、松下幸之助『道をひらく』、姜尚中『悩む力』、斎藤茂太『幸せを呼ぶ孤独力』『「心の掃除」の上手い人 下手な人』、『勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド』等々、長谷部さんが影響を受けた書籍として紹介するものの多くは自己啓発書でした。長谷部さんの著作は、こうした愛読書の傾向、また上述したような他の連載テーマとの内容重複からもわかるように、「プロサッカー選手、初の自己啓発書」と銘打つだけの内容をもつものだといえます。

拙著『自己啓発の時代——「自己」の文化社会学的探究』では、脳科学者の茂木健一郎さん、経済評論家の勝間和代さんのような著名な人物、あるいは岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』、水野敬也『夢をかなえるゾウ』といったメディアミックス的な展開を果たした大ベストセラーを「アクセス・ポイント」という観点から解釈していました。つまり、こうしたカリスマ性のある人物や話題になった著作は、自己啓発書に興味がないような人を自己啓発の世界に導き入れ、慣れ親しませるという役割を果たしているのではないか、そしてそのことが今日の自己啓発書の好調を下支えしているのではないかという解釈です(拙著71p)。

長谷部さんもこのような「アクセス・ポイント」として捉えられるのではないかと考えます。サッカー日本代表のキャプテンであり、海外でも活躍する長谷部さんのタレント性を通して、その活躍の物語とともに自己啓発的な物言いが人々に受け入れられていく。そしてスポーツ選手が自己啓発的な物言いをすることも受け入れられていく。こうした役割を長谷部さんの『心を整える。』は果たしているのではないかと考えています。

■サッカーが自己啓発と出合うまで

2011年のベストセラーである長友佑都さんの『日本男児』も同様の「アクセス・ポイント」だといえそうです。『日本男児』は基本的には自伝ですが、「はじめに」では「一日の終わりに必ず行う日課」として、「定めた目標と、現在の自分との距離を測り、足りないものを認識する」、「自分の弱さを突きつめたり、強さを確認する」といった自分自身の見つめ直しを行うことが述べられています(2p)。「どんなときも見直すべきは心」(3p)だという言及は長谷部さんにそのまま通じるものだといえます。

また、「大きな目標を設定し、そこへ向かうための道程を逆算し、今日やるべきことに100%で取り組む。今日頑張れなければ、明日はない」(4p)とする言及もあります。これは第8テーマ「手帳術」の回で述べた、端的には渡邉美樹さんが示したような「夢の作業化」の考え方そのものだといえます。長友さんと渡邉さんという、大きく異なった世界にいる人々が、まったく同じような夢や目標についての考え方をもっているというのは不思議ですよね。

こうした自己啓発的な物言いは、他のサッカー選手の自著でも同様なのでしょうか。いくつかみてみましょう。たとえば川島永嗣さんの『準備する力——夢を実現する逆算のマネジメント』は、川島さんは自分のことを語るのが好きなほうではないと冒頭で述べつつも、プロで成功する、日本代表になるといったサッカー関連のマネジメントから、ハッピーな人生を送る、経済で失敗しない、豊かな社会にするためのマネジメントまでを語る著作です。同書はサッカー関連の話が中心ですが、「リラックスした時間に湧き上がるイメージをピックアップする」「10年先のビジョンを描き、今の自分にできることを考える」「自分で決めた決断に誇りを持つ」など格言的な見出しが並び、文中にもモチベーションを高め、心を落ち着け、将来のビジョンを描いたうえで今できることを考え、悪いことはさっと忘れるといったハウ・トゥが多く示されています。

しかし、こうした自己啓発的な著作ばかりではありません。内田篤人さんの『僕は自分が見たことしか信じない』は、グラビア、自伝的エッセイ、日常に関するエッセイ、人生訓、知人が語る内田篤人といった内容がちりばめられた著作です。このうち、第2章「サッカー選手に必要な資質」では、「勝利の価値を纏(まと)う」「異変を察知できる」「予測する力を装備する」といった小見出しがつけられてはいるものの、内田さんはただサッカーのことを語っているだけで、たとえば「予測する力」や「装備」といった言葉は、内田さん自身が述べた言葉ではありません(55-56p)。全体としては、ファンブックのような内容だといえます。

阿部勇樹さんの『泣いた日』、松井大輔さんの『独破力』では、少しだけ教訓めいたことも書かれているものの、基本は彼ら自身が経験したこと、そのときどきで考えたことが綴られています。つまりほぼ自伝的な内容だといえます。少しだけ世代が上になりますが、田中マルクス闘莉王さんの『大和魂』は教訓めいたことはまったくない、自伝そのものといえる内容です。

このように、世代の近しいサッカー選手であっても、必ずしもみな等しく自己啓発的ということではないようです。では、自己啓発的な物言いを含むようなサッカー選手の自著はいつ頃から出てきたのでしょうか。

■先駆者はカズでもヒデでもなく

さしあたりJリーグ成立(1993年)以後の代表的な選手をざっとみていくと、たとえば三浦知良さんには数冊の自著がありますが、特段意識的に自己啓発的な物言いがなされることはありません。三浦さんはTOPIC-1で述べたような「生きざま」によって人々を惹きつけるタイプといえるかもしれません。この世代の他の代表的な選手、たとえば中山雅史さんや井原正巳さんといった選手も、サッカー論以外の著作を残してはいませんでした。

次の世代の代表的な選手としては、中田英寿さんを挙げることができるでしょう。中田さんには『中田語録』というベストセラーがありますが、これは半ばフォトエッセイ、半ば名言集という内容の著作でした。ここでとりあげられる「名言」は、中田さん独自の考え方が表現されているような言葉を集めたということであって、特段自己の啓発に焦点が当てられているわけではありませんでした。

おそらく、近年の自己啓発的な物言いの「先駆者」は、中村俊輔さんの『察知力』(2008)あたりになるのではないかと思われます。同書は基本的にサッカー論ですが、次のような言及もみることができます。

「察知力というのは、人が成長するためには欠かせない力であり、目標を達成したい、願いを叶えたいと思うなら、磨くべき重要な力だと思う。それはサッカー選手だから、アスリートだからというのではなくて、あらゆる仕事をしている人に当てはまるはず」(35p)

思うようにいかないことの原因を、上司に求められていることを、目標到達のためにやるべきことを察知する力。指導者論では昔から行われたいたことですが、スポーツ選手の営みと、一般企業で働く人々の営みが、選手自身によって橋渡しされるというのは、サッカー選手の自著のなかでは他にみられない先駆的な発想だったのではないかと考えられます。

また、中村さんは「サッカーノート」を高校時代からつけており、それは自分を見つめなおし、今後やるべきことを整理し、目標達成のために役立つのだとして語っていました(38-40p)。中村さんは当時の指導者からノートをつけることを教わったと述べているため、中村さんが自己啓発的な物言いや発想の原点にいるということはいえないでしょう。しかし、その時代を代表する選手のなかで、自己啓発的な物言いや発想が自覚的に実践され、また語られているという点では、大きな転換点となった人物なのではないかと考えられます。

■自著のないイチローで語られる教訓

野球ではどうでしょうか。TOPIC-1では金田正一さん、長嶋茂雄さん、王貞治さん、江川卓さん、清原和博さんの著作をそれぞれとりあげましたが、これらはいずれも自伝的著作でした。清原さんといえば、その対になる存在として桑田真澄さんが思いつきますが、彼はこれまでに紹介してきたサッカーや水泳選手の自己啓発的な物言いとは異なる、独自の、求道的といってもよいような考え方をもっています。

ここでは2010年の『心の野球——超効率的努力のススメ』を例にしましょう。桑田さんが重要視するのはスポーツマンシップです(7-8p)。礼儀正しく、謙虚に、一つ一つのプレーに手を抜かず、道具を大切にし、努力と鍛錬を続け、他人に感謝するといった人間性を桑田さんは重要視するのです。こうした人間性を重視するスポーツマンシップのことを、桑田さんは「野球道」(231p)と表現していました。

次の世代の代表的な選手といえば、イチロー(鈴木一朗)さんと松井秀喜さんでしょう。まず2007年のベストセラーである松井さんの『不動心』をみると、その基本的内容は2006年シーズンに左手首を骨折して以後に松井さんが怪我に苦しみ、悩み、そして立ち直っていくプロセスが語られるエッセイです。そうしたエッセイのなかで、時折、「過去の自分をコントロールすることはできません。しかし、未来の自分はコントロールできます。少なくとも、過去よりは思い通りにできる可能性を秘めています。それならば、前に向かうしかありません」(63p)等の啓発的な言及がなされはするのですが、それらは散見される程度に留まっています。

次いでイチローさんですが、彼には自著がありません。しかし、1994年にシーズン210本安打という当時の日本記録を達成して以後、彼の一挙手一投足、その独特な発言、およびその背後にある独特な考え方には非常に濃密なまなざしが注がれてきました。

国立国会図書館サーチを用いて、「イチロー」もしくは「鈴木一朗」をタイトル・サブタイトルに含む(同名の他人に関するものは除く。文庫版、改訂版は含む)書籍数を集計したものが下図ですが、1994年からの日本における活躍、2001年の渡米とその活躍、2004年のシーズン262安打達成、2006年と2009年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の優勝といった大きな出来事を経つつ、幾度も著作刊行の波が来ていることがわかると思います。その活躍の軌跡、育てられた環境、イチローに学ぶメンタルトレーニング、その哲学等々、多くの人がイチローさんを通して何かを語り続けているという状況がこの20年間続いています。いわば「イチロー」という出版ジャンルがあるとさえいえるかもしれません。

これはテレビや新聞、雑誌などを通しての観察にすぎませんが、イチローさんはことさら、他人を啓発することに情熱をもっている人ではないように思われます。しかしそれに比して、『イチロー式成功するメンタル術』『イチローは「脳」をどう鍛えたか』『イチローの哲学』『イチローの流儀』『夢をかなえるイチロー力』等々、人々はイチローさんから教訓を引き出そうとし、自己啓発的な物言いの文脈に彼の言動を落とし込んできました。その意味で、本人が意識しないところで、結果として彼もまた自己啓発の世界への「アクセス・ポイント」になっているように思われます。

■自己啓発の「導き手」となったスポーツ選手

さて、ベストセラーを導きの糸として、スポーツ関連書籍の動向をみてきました。このジャンルの書籍は果てしなく刊行が続いているので、ベストセラーや代表的な選手、監督の著作しかみることができませんでしたが、次のように整理することができるでしょう。

まず監督や指導者の書いた本からみていくと、そこにはそのときどきのあるべき指導者像、指導の対象となる若者観、教育論が濃縮されたかたちで示されていると考えられます。そのあり方は、毅然とした管理者たるべし、という時代から、若者気質に寄りそってコミュニケーションを重視する、というように趨勢が動いているといえそうです。

選手による著作は、ここ数年の間に、「自己啓発化」が進んだと考えられます。自伝によって「生きざま」を語り、自由に読者がそこから教訓を引き出すという時代から、名言がピックアップされた啓発書として著作が作られ、また選手自身も積極的に自らの自己啓発法について語る、というような傾向が強まっていると考えられます。こうして、私たちの最も身近な有名人、成功者としてのスポーツ選手は、現代における、自己啓発の世界への導き手、「アクセス・ポイント」になっているのだと考えられました。

ところで、なぜスポーツ選手と自己啓発は結びつくのでしょうか。私の仮説的な見解は、私たちの人生、特に仕事における成功が「個人化」したことに関連している、というものです。つまり、終身雇用制がかつてに比して揺らぎ、企業という大樹に全身をあずけることが難しくなっている今、また情報化、グローバル化、規制緩和等の状況変化によって業務内容や仕事の進め方がつねに流動する今、全体として人々の仕事のあり方は「個人プレー」の様相を強めていると考えられます。このような状況で、自らの能力を高め、メンタルを調整し、最大のパフォーマンスを発揮することによって成功を収めるスポーツ選手が、現代における新たなロールモデルとして注目を集めているのではないかということです。

また、こうした選手はそれぞれ、何らかの輝かしい成功を収めているということも重要だと考えられます。スポーツにおける劇的な成功、勝利の瞬間がもたらす高揚感と一緒くたに、その自己啓発的な物言いは消費されているのではないかと考えられるのです。社会学者の宮台真司さんは、自己啓発書を「読んでいる時だけ元気になって、いずれ効用が切れる“スタミナソング”」だと述べていました(『サンデー毎日』2009.9.27「『勝間』『香山』どっちをとる?」117p)。つまり精神的な意味での栄養ドリンクなのだ、と。こう考えるとき、今日のスポーツ関連書籍から発される自己啓発的なメッセージは、なかでも特に強い効能をもって読者を元気づけるものといえるかもしれません。ただ、自己啓発的なメッセージに元気づけられているその瞬間において、一人の成功者が「あきらめなければ夢は必ずかなう」と言えるまでの道すがら、数多の人々が同じ夢を追い、しかし夢破れ、涙を飲んだのだろうということはしばしば忘れがちになるのですが。

ところで、ふと気になるのは、現代を生きる私たちは、そもそもなぜスポーツ選手のように自らを奮い立たせ、自らの能力を最大限に高める必要があるのかということです。そうでもしなければ世の中を渡っていけないということだとしたら、スポーツ選手の著作が多く売れるような世の中とは、その一見した華やかさとは裏腹に、苦しい状況にあるといえるのかもしれません。

さて、第12テーマは全体のまとめになるので、具体的な素材をとりあげて論じるのは次テーマが最後になります。テーマは「就職対策本」です。

----------

『心を整える。――勝利をたぐり寄せるための56の習慣』
 長谷部誠/幻冬舎

『人を動かす』
 デール・カーネギー/創元社

『超訳 ニーチェの言葉』
 白取春彦/ディスカヴァー・トゥエンティーワン

『本田宗一郎 夢を力に――私の履歴書』
 本田宗一郎/日本経済新聞社

『道をひらく』
 松下幸之助/実業之日本社

『悩む力』
 姜尚中/集英社

『幸せを呼ぶ孤独力――“淋しさ”を「孤独力」に変える人の共通点』

 斎藤茂太/青萠堂

『「心の掃除」の上手い人 下手な人』
 斎藤茂太/新講社

『勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド』

 勝間和代/ディスカヴァー・トゥエンティーワン

『日本男児』
 長友佑都/ポプラ社

『準備する力――夢を実現する逆算のマネジメント』

 川島永嗣/角川書店

『僕は自分が見たことしか信じない』
 内田篤人/幻冬舎

『泣いた日』

 阿部勇樹/ベストセラーズ

『独破力』
 松井大輔/PHP研究所

『大和魂』

 田中 マルクス闘莉王/幻冬舎

『中田語録』
 中田英寿/文藝春秋

『察知力』

 中村俊輔/幻冬舎

『心の野球――超効率的努力のススメ』
 桑田真澄/幻冬舎

『不動心』

 松井秀喜/新潮社

『イチロー式成功するメンタル術』
 児玉光雄/講談社

『イチローは「脳」をどう鍛えたか――結果を出し続ける人の「進化の習慣」』

 西野仁雄/経済界

『イチローの哲学――一流選手は何を考え、何をしているのか』
 奥村幸治/PHP研究所

『イチローの流儀』

 小西慶三/新潮社

『夢をかなえるイチロー力――自分に限界をつくらない豊田式メンタル・トレーニング』
 豊田一成/きこ書房

----------

(牧野 智和=文)