パーシ・ジャクソンの冒険再び! 映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』ポスタービジュアル
 - (C) 2013 Twentieth Century Fox

写真拡大

 神と人の間に生まれた青年の活躍を描いた、人気児童文学の映画化第2弾『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』の特報映像が公開になった。ギリシャ神話の最高神ゼウスを始めとするオリンポス12神。本作ではこの神々と人間が生んだ、特別な力を持つ子どもたち半神(ハーフゴッド)の活躍を、現代を舞台に描き出す。


 本作の主人公は、海の神ポセイドンと人間との間に生まれた青年パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。前作では水を自由自在に操る力を駆使し、神々の開戦をからくも防いだ彼が、今回はかつて父ポセイドンが封印した先代神々の王クロノスの邪悪な力を止める黄金の毛皮を求めて、「魔の海」に挑む。


 公開された特報では、新たな戦いに挑むパーシーと仲間の前に立ちはだかる、恐ろしい怪物が次々と登場。魔の海に挑むパーシーたちを、水中にひそむモンスターの作る渦に引きずり込もうとする映像は圧巻の一言。3D鑑賞時の迫力にも期待がかかる。ちなみに同作に登場する「魔の海」は、迷い込んだ船や飛行機が消える伝説で知られる海域「バミューダトライアングル」。ファンタジーだけでなく、オカルトファンにとっても注目の一本と言えそうだ。


 さらにポスタービジュアルも公開。パーシーを演じるローガンは、前作でのブレイク後、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』にダルタニアンとして出演。一段と成長したりりしい表情を披露しており、「第1作目の公開以来、この映画を気に入ってくれた多くの若い人たちに会いました。ファンの皆さんが、いつも満面の笑顔を見せてくれるから、またパーシーを演じられるのは本当に最高です!」と気合いを語っている。


 製作を務めるのは、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』を手掛けたクリス・コロンバス。伝説のファンタジーシリーズを生み出した名匠が、本作からメガホンを取るトール・フロイデンタール監督と共に描き出した驚異の映像体験と心躍る冒険に期待したい。(編集部・入倉功一)


映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』は11月1日より3D / 2D全国公開