股関節をほぐして下半身太りを正すストレッチ - 1日1分からの筋トレ

写真拡大

整体師の大山奏です。会社から帰る時には足がパンパン……という経験はありませんか? 梅雨のこの時期は特に下半身のむくみがひどくなります。足がむくむと全体的にシルエットがふっくらとしてしまい、太ったように見えてしまいます。そこで今回は、下半身のむくみをとるのに重要な股関節を柔軟にするストレッチを紹介します。

Step1:うつ伏せに寝て、足を肩幅より少し大きく開きます



Step2:膝を曲げ両方の足の裏を合わせます



Step3:足をお尻の方に引きます



足の開き方によって、股関節や太ももの感覚も違ってきます。まずはいろいろな幅で試して、気持ちがいいなと感じる場所を探しましょう。

足をお尻に近づけたら、そのままの体勢で2、3回呼吸をします。動作は上げる時も下げる時もゆっくりと。急に戻してしまうと、股関節にダメージを与える可能性があるので注意してください。

身体の前側の足の付け根部分には、リンパ腺が集まっています。このストレッチでリンパ腺や血管の滞りが解消されると、足の先まで血液が回り、冷えの改善にも効果があります。

リンパ腺の流れが良くないと、セルライトが増えるたり、女性の場合は生理の痛みが増したりと、悪い影響が多く現れます。特にデスクワークの人は、1時間に1回は歩くように心がけましょう。イスに座ったまま、片足ずつ膝を伸ばす運動ができれば更にいいです。

下半身太りの原因は、股関節にあるものも少なくありません。股関節の可動域を広げることは、姿勢改善やダイエット効果にもつながります。足のむくみを解消して、快適なアフターファイブをすごしてみてはいかがでしょうか?