調色しても変わらない一定の明るさを実現

写真拡大

生活用品製造卸のアイリスオーヤマは、業界標準より約1割明るく設定した全面発光タイプの「LEDシーリングライト ALシリーズ」(4機種)を、2013年6月24日に発売した。

「読書」「食事」など場面ごとに切り替え

日本照明工業会によると、高齢化に伴い光を感じる力は少しずつ衰えていくため、高齢者は若年者に比べてより明るさが必要になる。業界標準よりも明るく設定することで、高齢者に優しい商品をラインナップした。

従来のLED シーリングライトは、電球色や昼光色に調色すると明るさが低下する不満があったが、「ALシリーズ」はLED チップの発光効率を最大限に引き出す電源・設計技術によって、調色しても変わらない一定の明るさを実現した。

リモコンボタン一つで、「読書」「食事」「くつろぎ」の明かりが切り替えできる。

調光タイプと調光・調色タイプ、それぞれ「8 畳まで」と「12 畳まで」を用意した。オープン価格。