10月まで待てない! 映画『トランス』より
 - (C) 2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

写真拡大

 鬼才・ダニー・ボイル監督の最新作『トランス』が、10月に日本で公開されることが決まった。記憶をなくした主人公にジェームズ・マカヴォイがふんし、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソンという実力派が共演する話題作だ。


 『トレインスポッティング』(1996)で一世を風靡(ふうび)し、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)で第81回アカデミー賞作品賞・監督賞をはじめとする8冠に輝き不動の地位を手したボイル監督。今作では、ゴヤの名画を盗みながらも記憶喪失となり、画の隠し場所がわからなくなってしまった主人公の潜在意識に入り、消えた絵画を探し出すという設定で新境地を見せる。


 記憶と現実が入り組んだ構成にボイル監督ならではのスタイリッシュな映像と音楽が交差した本作。脚本は『トレインスポッティング』『普通じゃない』などでボイル監督とタッグを組んでいるジョン・ホッジが担当。ヴァンサンは記憶を取り戻させようとするギャングのリーダー、ロザリオは催眠療法士を演じ、40億円の名画をめぐった男女3人の物語が幕を開ける。(編集部・小松芙未)


映画『トランス』は10月、TOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国公開