鴨川シーワールドでバンドウイルカの赤ちゃん誕生-人工授精個体から国内初

写真拡大

鴨川シーワールドでは、6月23日にバンドウイルカの「サニー」が赤ちゃんを出産した。

6月23日0時6分に赤ちゃんの尾ビレが出始め、1時57分に出産が確認された。赤ちゃんイルカは自力で水面まで力強く泳ぎ、初めての呼吸をしたという。

母親の「サニー」は、2003年7月17日に、日本で初めて人工授精により誕生した個体で、今回生まれた赤ちゃんは、日本で始めて人工授精個体からの出産で生まれたバンドウイルカとなった。また、「サニー」の母親である「スリム」は1971年11月17日より同館で飼育している飼育日数日本一のイルカで、今回”おばあちゃん”となった。

赤ちゃんの性別はオスで体長は約120cm、推定体重は30kg。バンドウイルカの飼育、繁殖は難しく、無事に育つのは50%ほどと言われている。