ジョニー・デップ、ジェリー・ブラッカイマー、トム・クルーズ
 - (C) Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc.  All Rights Reserved.

写真拡大

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られるプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが、ハリウッドの殿堂入りといわれるウォーク・オブ・フェイム第2,501個目の星を獲得し、その名が刻まれた。現地時間24日に行われた記念式典には、同シリーズのジョニー・デップや、『トップガン』でタッグを組んだトム・クルーズがお祝いに駆け付けた。


 ジョニーは「わたしの人生において、彼と出会えたことは非常に幸運なことです。ジェリーと仕事をするようになって、わたしの人生は変わりました。これからもいろいろなことが起こると思うよ。偉大な男……それがジェリー・ブラッカイマーさ!」と讃えた。


 これに対し、ジェリーは「本当に素晴らしい。このハリウッド大通りで、才能ある人々と一緒に名が刻まれるんだからね。この気持ちを言葉で表現するのは難しいよ」と喜びをあらわにし、「多くのスターが時間を割いて、ファンやこのハリウッド大通りやわたしに敬意を表してくれて幸運だよ。ジョニー・デップも『ローン・レンジャー』のプロモーションで忙しいのに来てくれた。本当に特別だよ」と感謝の言葉を述べた。


 映画『ローン・レンジャー』は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジェリーとジョニー、そしてゴア・ヴァービンスキー監督が再集結したアクション・アドベンチャー。テレビシリーズとしても映像化された人気西部劇を基に、悪霊ハンターのトントと正義のヒーロー“ローン・レンジャー”が悪に立ち向かう姿を描く。(編集部・中山雄一朗)


映画『ローン・レンジャー』は8月2日より全国公開