出演交渉中のアナ・ケンドリック
 - Alexandra Wyman / Getty Images

写真拡大

 映画『マイレージ、マイライフ』『恋愛だけじゃダメかしら?』のアナ・ケンドリックが、新作『イントゥ・ザ・ウッズ(原題) / Into the Woods』でシンデレラ役として出演交渉に入っていることが、The Hollywood Reporterや複数のメディアによって明らかになった。


 本作は、ディズニーがブロードウェイミュージカル「イントゥ・ザ・ウッズ」を映像化するもの。映画『シカゴ』や『SAYURI』のロブ・マーシャル監督がメガホンを取ることが決まっている。


 オリジナルのミュージカルは、魔女の呪いのせいで子どもを授からないパン屋の夫婦が、呪いを解くために森に入り、シンデレラやラプンツェル、赤ずきん、「ジャックと豆の木」のジャックなど、童話の登場人物たちに出くわすというストーリーだ。スティーヴン・ソンドハイムが音楽、ジェームズ・ラパインが脚本を担当し、1988年度トニー賞を3部門で受賞している。


 すでに、ジョニー・デップ、メリル・ストリープ、クリス・パイン、ジェイク・ギレンホールといったそうそうたるメンバーの参加交渉と配役が報じられていた。そこへ新たにアナがシンデレラ役として交渉に当たっていることが伝えられた。


 撮影は今年の秋に行われる予定。果たしてどのような作品に仕上がっていくのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)