主演兼プロデューサーに! - アン・ハサウェイ

写真拡大

 映画『プラダを着た悪魔』や『ダークナイト ライジング』でおなじみの人気女優アン・ハサウェイが、新作映画『ザ・ライフボート(原題)/ The Lifeboat』で、主演兼プロデューサーを務めることが明らかになった。The Hollywood Reporterや複数のメディアが報じた。


 同作は、フォーカス・フィーチャーズとワーキング・タイトルが企画している作品で、作家シャーロット・ローガンの同名小説を映画化。製作は、アンが映画『レ・ミゼラブル』『アンナ・カレーニナ』のティム・ビーヴァンとエリック・フェルナーらと共に務め、脚本は映画『アポロ13』『父親たちの星条旗』を執筆したウィリアム・ブロイルズ・Jrが担当する。今のところ監督は決まっていないが、アンの主演は決定している。


 物語は、1914年に新婚の夫を失い未亡人となったグレースは、殺人の罪で法廷に立っていた。そして彼女は過去を回想し始めていく。夫ヘンリーと共に汽船に乗って大西洋を横断していたとき、船内で謎の爆発事故が起き、優先された女性たちと共にグレースはライフボートに乗ったが、乗員オーバーで選択肢を迫られたあの出来事を……。


 『レ・ミゼラブル』のプロデューサーとアン・ハサウェイが再タッグを組むことで期待できる作品になりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)