無駄にイケメン、フィルことブラッドレイ・クーパー (C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LAGENDARY PICTURES

写真拡大

史上最強・爆笑の二日酔いエンターテインメント『ハングオーバー』シリーズの3作目にして最終章を迎える『ハングオーバー!!! 最後の反省会』(6月28日日本公開)で”無駄にイケメン”のフィルを演じたブラッドレイ・クーパーが、『ハングオーバー』シリーズが人生に与えた影響や監督を務めたトッド・フィリップスについて語った。

本シリーズの1作目で大ブレイクを果たしたブラッドレイだが、同作が自身の人生に与えた影響について以下のように語った。
「とんでもなく変えたよ。すべてにおいてね。経済的成功に関わることでチャンスが貰えた。それがなければリラティビティ(映画会社)は、僕を『Limitless』にまず起用しなかった。そしてそれが成功したことで、『世界にひとつのプレイブック』のような作品をやることが許されたんだ。それがなければ、ワインスタイン・カンパニー(映画会社)は、『君にこの作品の主演をやれるか見てみる?』とは言わなかった。だから大きな機会をもたらしてくれたよ」。

また、撮影現場は楽しい雰囲気だったようで、キャストやスタッフについて「僕はこの連中が大好きなんだ。僕らはまた一緒になったけど、そこには大学のクラブのような感じがあって、家族のようなものが感じられる」とその仲の良さを明かしてくれた。

監督を務めたトッド・フィリップスについては、「まず第一に、トッド・フィリップスが僕にやって欲しいと思うものはなんでもやるよ」「彼は本当に素晴らしいフィルムメーカーだからね」「彼はまさに船長だよ。僕らが望むのは船長であって、クリエイティブ面で参加させてくれる人なんだ」と絶賛のコメント。

また、現在俳優として大活躍しているブラッドレイだが、監督業への意欲も打ち明けた。
「数年のうちに映画を監督をできたらいいね。本当に映画を監督したいんだ。演技以上に映画作りのプロセスが大好きだね」。

『ハングオーバー!!! 最後の反省会』は6月26日より全国公開となる。【ハリウッドニュース編集部】