【共闘学園イベント】共闘学園開校式にいってきた! 黒板アート&美女と共闘ゲーム編

写真拡大


6月23日、共闘学園開講式が催された。会場では共闘ゲームの試遊スペースが設置されており、試遊スペースの裏側には黒板アートが描かれていた。ひとつのゲームは15分程度をプレイできる。待ち時間は最大45分待ちにもなっていた。

巨人組(ラグナロクオデッセイエース)と竜組(ドラゴンズクラウン)は今回が初出しのため、行列も長かった。だが鬼組(討鬼伝)と魂組(ソウル・サクリファイス)も人気があった。

ぼくは全てのゲームをプレイして回ったが、一番気に入ったのは鬼組だった。敵の部位破壊をする必要があり、そのためには全員の意思疎通をした上での共闘プレイが必要だった。

それが今回のイベントの楽しさをマッチしていてよいものだと感じた。共闘サイコー!

【フォトコーナー】
【巨人組(ラグナロクオデッセイエース)】




【竜組(ドラゴンズクラウン)】



【鬼組(討鬼伝)】





【魂組(ソウル・サクリファイス)】





(元弥きと/【Twitter(motoyaKITO)】)

▼外部リンク

共闘学園 公式サイト
http://www.jp.playstation.com/cp/2013_psvita_kyoutou/teaser/