【男子感覚】義理だと感じるお土産の金額「301円〜500円 25.0%」→「全員に配ると500円くらい(39歳)」

写真拡大

出張帰りの上司がお土産を買ってきてくれることもありますよね。でも、どこにでも売っているようなものをもらうと、がっかりしてしまうことも。そこで、義理だと感じるお土産の金額について、マイナビニュース会員の男性388名にうかがいました。

調査期間:2013/5/24〜2013/5/29
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数:男性388名(ウェブログイン式)

女子感覚はこちら

【男性編】Q.義理だと感じるお土産の金額を教えてください(単一回答)
1位 301円〜500円 25.0%
2位 751円〜1,000円 17.8%
3位 500〜750円 12.9%
4位 1,001円〜1,500円 12.6%
5位 1円〜100円 9.4%

■301円〜500円
・「お土産は500円程度で十分」(36歳/その他)
・「大人数分購入しようとすると、@500円くらいになります」(47歳/ソフトウェア/技術職)
・「以前、海外行くと全同僚にお土産を配っていたが、その時の金額がこの辺」(39歳/その他)

■番外編:大勢のうちのひとりへのお土産なら義理!?
・1円〜100円「まんじゅう一個とかね」(26歳/食品・飲料/技術職)
・1円〜100円「会社でよくある、箱入りのお菓子の中から1つ頂く位の金額だと思うので」(29歳/人材派遣/事務系専門職)
・1,001円〜1,500円「基本的に土産なんて義理でしょ」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

1位は300円〜500円。同僚全員にお土産を買う場合、人数分+αのお菓子が入っているものが妥当だと思われます。しかし、みんな「これは義理だな」と感じるようですね。中には、1,000円以上かける男性も見受けられました。それでも義理と思われたら……悲しくなってしまいそう。

(OFFICE-SANGA)