東京都・六本木ヒルズが10周年。草間彌生氏の作品で夏らしい装いに

写真拡大

六本木ヒルズは7月19日(金)〜9月1日(日)まで、開業10周年記念として、前衛芸術家の草間彌生氏とコラボレーションした様々な展開を行う。

期間中は、「水玉」をモチーフとしたビアガーデンを大屋根プラザにオープンする「水玉ガーデン」(17時〜22時、土日は12時開始)を実施。また、7月19日(金)〜8月11日(日)まで、六本木ヒルズの玄関口である66プラザに、スタンディングバー「水玉テラス」を設置し、ハイボールを提供する。

そのほか、草間氏がアートエディションした「私の大好きな私」シリーズの世界観を表現した「カフェ『私の大好きな私』」を、8月6日(火)〜18日(日)までオープン。スイーツなどのオリジナルメニューを提供するほか、併設される草間グッズショップでシリーズ最新作のプレート(食器)を販売する。

関連イベントとして、森美術館で「愛」をテーマにしたアートを展示する「LOVE展・アートにみる愛のかたち-シャガールから草間彌生、初音ミクまで」を開催中。

そのほか、夏イベントとして工作教室や料理教室、自然を体験できる「キッズワークショップ」が7月20日(土)〜9月1日(日)まで行われるほか、「既視感(デジャ・ヴュ)」の気分を表す「きやきやする」という古い日本語をキーワードにした、「KiyaKiya-アニメーション原画展」が開催されるなど、多数のイベントが用意されている。

(C)YAYOI KUSAMA