月々10万円の利用で年間3万円以上得する 還元率1%以上の最強カードはこれだ!

写真拡大

なにげなく使ってるクレジットカード。実は今、高還元率のカードが続々登場し、月10万円の利用で年間2〜3万円も得することが可能だ。あなたの生活スタイルに合わせた利用方法を吟味し、今こそ高還元カードに乗り換えよう!

電子マネーと相性抜群の高還元率カードが最強!

 今回、クレジットカードを選ぶ基準として重視したのは、いつ、どこで使っても還元率が高く、電子マネーへのチャージでもポイントが貯まり、そのポイントが使いやすいかどうか。

「その条件なら『漢方スタイルクラブカード』が圧倒的です。どこで使っても1.75%の高還元率で、nanaco、モバイルSuicaへのチャージでもポイントが貯まります。ポイントは『Jデポ』というシステムを使って、毎月の請求金額から差し引くことができるので、有効期限だけに気をつければポイントを有効に活用できます」(ポイ探・菊地崇仁さん)

光熱・通信費もカードで毎月10万円超の利用に

 漢方スタイルクラブカードがどれほどすごいのか。クレジットカードを毎月10万円利用した場合に、一般的な0.5%還元のカードや高還元率で有名な4枚のカードとの還元金額を比較してみた(下グラフ)。

 ◆漢方スタイルクラブカード
高還元率&ボーナスポイント効果で年会費を払っても2年で4万7925円の得!
 ◆レックスカード
還元率1.75%。ボーナスがなく、2年で4万2000円の還元額に留まり、2位。
 ◆Reader's Card
2年で3万6000円の得だが、全額Amazonで使えば還元額は4万3200円に。
 ◆楽天カード
還元率1%。入会ポイント付与(時期で異なる)を加えて2万9000円の得。
 ◆ビックカメラSuicaカード
 (※月3万円はSuicaチャージ)
一般利用は還元率1%で、毎月3万円チャージすれば1万9200円の得に。
 ◆一般的な還元率0.5%のカード

 利用開始当初は新規特典がある楽天カードがリードするものの、6カ月目以降は58万円分の利用でもらえるボーナスポイント(1250円分)の効果もあって、漢方スタイルクラブカードが独走状態。2年目以降、漢方スタイルクラブカードは年会費1500円(税抜)が必要なのに対し、ほかのカードは利用金額に応じて年会費が無料だが、24カ月後の累計還元額は4万7925円、還元率は1.99%でトップ。一般的な還元率0.5%のカードとの差は実に3万6000円! 10年なら約18万円の差になる。

 ただし、漢方スタイルクラブカード以外のカードでも、使い方次第では還元率を大幅に上げることも可能。

 例えば、レックスカードの場合は、価格.comの「安心支払いサービス」を利用して買い物すれば還元率は2%に。

 また、楽天カードの場合、毎週金曜日の朝10時から月曜日の朝9時59分までは楽天カードを使って楽天市場で買い物をするとポイントが3倍(100円で3楽天ポイント。事前にエントリーが必要)になったり、月額105〜315円を支払えば月1〜3日間、ポイントが2倍になるサービスがある。

 楽天市場のヘビーユーザーであれば、これらのサービスを使うことで、還元率を上げることも十分可能だ。さらに、楽天カード以外でも対象となる「楽天イーグルス&ヴィッセル神戸が勝った翌日はポイント2〜3倍」なども利用すれば、還元率5%超えも狙える。

 Amazonをよく使う人ならリーダーズカードが最強。貯まったポイントを通常のクレジットカード利用代金に交換すると還元率は1.5%だが、ポイントをAmazonで使える「Amazon限定デポジット」に交換する場合には還元率が漢方スタイルクラブカードを凌駕する1.8%になる。さらに、JACCSモールを経由してAmazonで買い物をするとプラス0.5%還元で合計2.3%まで跳ね上がり、前掲の比較グラフでも漢方スタイルクラブカードを上回り、24カ月で5万5200円も得するのだ!

 ちなみに、毎月のカード利用額10万円は水道光熱費や携帯電話などの通信費をすべてカード払いにし、食費などの買い物や電子マネーのチャージなども行なえば楽に達成可能な金額だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)