土屋鞄、職人の手作りランドセル予約開始 -購入者には職人体験の特典も

写真拡大

職人が手作りするランドセルの製造販売を行う土屋鞄は7月1日、2014年度の新一年生向けランドセルの購入予約を開始する。

同社のランドセルは、職人が100以上もの細かなパーツから作り上げるランドセルとして知られ、東京都足立区西新井の本店工房では平日、ランドセルを作る職人の姿が見学できる。

2014年モデルは、新色として水色(総牛革プレミアム 61,000円)を投入。デザイナーが色の研究を重ね、他にはない落ち着いたやさしい水色に仕上げた。また「ずっと心に残る絵本のようなランドセルを」との思いから生まれたという、発売4年目となるアトリエランドセル(軽量クラリーノF アトリエ 54,000円)の2014年モデルを店舗限定で販売。絵本作家のおなかさとし氏が、明快であたたかな奥深さのある作風で、子供達の想像力がいっぱいに膨らむような世界をデザインした。

デザインは、爽やかなブルーの内装と象のイラストを採り入れた男の子用「ミチ」、柔らかなピンクの内装と沢山の可愛い窓がついた女の子用「マド」の2種類で展開。その他、ランドセルは全部で65種類を用意。ベーシックなものからカラフルなものまで牛革、クラリーノ、コードバン、ヌメ革と多彩なラインナップを揃える。価格は44,000円〜88,000円。購入予約は7月1日より受付開始。詳細は「土屋鞄のランドセル紹介ページ」を参照のこと。

また、7月1日〜8月19日の間に同社の総牛革ランドセル(ヌメ革は除く)を購入し、応募した人の中から抽選で18組の家族を「親子でランドセル職人体験」に無料で招待する。金槌やミシン、革包丁など工房にある鞄作りの道具を使用し、家族が皆で職人に変身して、自身デザインのオリジナルの引き手やランドセルのパーツの制作を職人と一緒に行う。詳細は「親子でランドセル職人体験告知ページ」を参照のこと。